薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと壮年性脱毛症

   

30代後半から50代前半の働き盛りの世代にかけて引き起こされる抜け毛や薄毛の症状のことを壮年性脱毛症と呼び、10代や20代で引き起こされる若年性脱毛症とは区別されます。

何か特別な病気の名前というわけではなく、男性ならば誰でも引き起こされる可能性があり、年齢を重ねるにつれて症状は進行していくのです。

基本的に、「壮年性脱毛症=AGA(男性型脱毛症)」と捉えて問題なく、2つの症状が同じメカニズムだと説明しているサイトは多くなっております。

それは、壮年性脱毛症もAGA(男性型脱毛症)も、以下のように大よその薄毛の進行パターンが決まっているからです。

・額の生え際から徐々に後退してM字型ハゲが進行していく
・頭頂部を中心に脱毛が進行してO字型ハゲが拡大していく

どちらにしても男性ホルモンが深く関わっており、テストステロンと酵素の5αリダクターゼが結合し、DHT(ジヒドロテストステロン)が産生されたことが大きな原因となっております。

DHTはテストステロンの数十倍の作用を持っており、毛母細胞にダメージを与えてヘアサイクルの成長期を著しく短くするのです。

本来ならば2年間から6年間程度続くはずだった成長期がDHTの影響で半年間から1年間程度になるため、太く長く成長する前に抜け落ちて薄毛が進行していきます。

AGAにしても壮年性脱毛症にしても、DHTを何とかしなければ症状を克服することはできません。

そこで登場するのがプロペシアで、酵素の5αリダクターゼの働きを阻害することにより、DHTの産生を抑えてくれます。

AGAや壮年性脱毛症の治療薬として医学的な効果も立証されており、AGA専門クリニックや皮膚科で処方されているのです。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでも取り扱っているので、症状の進行に不安を抱えている男性は一度受診してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、引き起こす年齢によって脱毛症の名前が以下のように分けられているだけで、基本的なメカニズムは上記のように一緒です。

若年性脱毛症⇒20代から30代前半の若い世代で発症する
壮年性脱毛症⇒30代後半から50代にかけて発症する

2種類の脱毛症を合わせてAGAと指すケースが多く、徐々に時間をかけて薄毛が進行していき、気付いた時には毛髪の密度が薄くなってボリュームがなくなっております。

症状の進行スピードには違いがあれど、一気に変化するのではなくゆっくりと進んでいく点では一緒です。

そのため、自分の頭皮に違和感を覚えていても、「まだ若いから大丈夫だろう」と鷹を括っている男性は少なからずいらっしゃいます。

AGAによる薄毛を治療しているのは何となくイメージが悪く、「ださい」「かっこ悪い」という印象があるので仕方ありません。

しかし、放置していれば確実に症状が悪化していくのはどの男性でも一緒ですし、年齢を重ねて壮年性脱毛症を患っているのならば尚更です。

口内炎や風邪のように放置しておけば治る病気ではないので、自分の症状に合わせた適切な治療を受けてください。

 - AGAと関係のある症状・病気