薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと脂漏性皮膚炎

   

男性が引き起こす抜け毛や薄毛の症状は何もAGAだけではなく、脂漏性皮膚炎の可能性もあります。

過剰に分泌された皮脂が原因で頭皮や顔に湿疹が形成される病気を脂漏性皮膚炎と呼び、以下のような症状が一般的です。

・痒みを伴って患部が赤くなる
・皮膚が荒れてかさつく
・ベラベラと皮膚が剥がれ落ちる
・頭皮環境が悪化して抜け毛の量が増える

AGAが男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が原因で引き起こされるのに対して、脂漏性皮膚炎は過剰に分泌された皮脂が大きな原因です。

皮脂腺が活発な部位に生じやすく、頭皮以外にも鼻周りや頬、眉間や背中に形成されるケースもあります。

頭皮に湿疹が形成されれば正常な髪の毛の発育を邪魔しますし、余分に分泌された皮脂が毛穴の中に詰まることもあるため、抜け毛が増えて薄毛が進行しても不思議ではありません。

AGAにしても脂漏性皮膚炎にしても、抜け毛や薄毛の症状が悪化しやすいのは事実なので、適切な対策や治療を行わなければならないのです。

脂漏性皮膚炎に関しては一度症状が出てくると慢性的な経過をとることが多く、自然と治るのは困難なので早めに病院を受診して自分の症状に合った治療を受ける必要があります。

脂漏性皮膚炎の治療では炎症を抑制するためのステロイド外用薬や、マラセチア菌の増殖を抑えるための抗真菌薬、痒みを抑える抗ヒスタミン剤の服用が基本です。

過剰に分泌された皮脂が直接的な原因ではなく、患部に皮膚常在菌のマラセチア菌が増殖し、頭皮や毛包に強い炎症を起こすからこそ痒みや炎症を伴います。

マラセチア菌は皮膚にとって不要な存在ではなく、普段は分泌される皮脂をエサにして頭皮環境を整え、皮膚を乾燥や刺激から守ってくれているのです。

しかし、あまりにも量が多いとマラセチア菌が皮脂を吸収することで分解される脂肪酸が増え、別の菌が脂肪酸を分解できなくなって肌が酸化し、炎症を引き起こすというメカニズムになっております。

だからこそ、皮膚科での治療はマラセチア菌の繁殖を抑える抗真菌薬が使われており、炎症を和らげるために同時にステロイド外用薬を服用するのです。

既にAGAを発症している男性は、脂漏性皮膚炎の併発で抜け毛や薄毛が進行しやすくなるため、以下のような対策を行いましょう。

・皮膚の清潔を心掛けて毎日のお風呂で丁寧に洗う
・皮脂の分泌をコントロールするビタミンBを摂取する
・脂分の過剰摂取に注意した食生活を送る
・ストレスや過労に注意して十分な睡眠をとる
・太陽からの紫外線を避けるためにUV対策を行う

上記のような対策は、頭皮環境を整えてAGAによる抜け毛や薄毛の症状を悪化させないためにも重要です。

もちろん、根本的なAGAの治療に結び付けられるわけではないので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックへと足を運び、適切な対処をしてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAと関係のある症状・病気