薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと眠気

   

AGAの治療薬によっては副作用として眠気が引き起こされる場合があります。

日中の眠気ほど怖いものはなく、勉強中ならばまだしも、工事現場での仕事や運転など危険作業をしている時に引き起こされたら事故に繋がるケースも少なくありません。

個人の体質によって異なるものの、AGAの内服薬のプロペシアやミノキシジルタブレット、アボルブを服用していると眠気に襲われやすいようです。

しかし、内服薬を服用して薄毛の治療を行う以上、多少の副作用は仕方がありませんし、眠気が引き起こされるのは全ての医薬品に該当します。

バファリンやロキソニンといった市販で販売されている解熱鎮痛剤でも眠気は多少なりとも引き起こされますし、医薬品を使って症状を和らげる際に生じる弊害の一つなのです。

そのリスクを背負うことで、AGA治療薬の服用によって以下のような効果が得られます。

プロペシア⇒Ⅱ型の5αリダクターゼを阻害してDHTの産生を防ぐ
ミノキシジルタブレット⇒血流を促して直接的な発毛効果を得る
アボルブ⇒Ⅰ型とⅡ型の5αリダクターゼを阻害してDHTの産生を防ぐ

医学的に効果が立証されている方法ですし、市販の育毛剤や育毛シャンプーを使ったケアとは大きく異なります。

それに、用法と用量を守って内服薬を服用していれば、重篤な副作用で悩まされることは少ないはずです。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは、個人の抜け毛や薄毛の症状に合わせた治療を提供してくれるので、まずは無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、AGAの治療薬によって眠気の副作用が引き起こされやすいとは言っても、日常生活に支障を来たすレベルの眠気ではありません。

「プロペシアやミノタブを飲んだ後にフラフラして立っていられない」という状態に陥る男性は少なく、体調が良ければ危険に晒される心配はないはずです。

それでも、内服薬を服用し続けることに何かしらの不安を抱えているのならば、プロペシアにしてもミノタブにしても就寝前に服用するようにしましょう。

「日中に飲まなければならない」「朝起きて飲まなければならない」「食後に服用しなければならない」と決められているわけではなく、飲む時間帯に関しては全て個人の自由となっております。

1日に1錠という用量さえ守っていれば問題ないので、眠気が引き起こされても問題ない時間帯に服用するのが安全です。

もちろん、副作用のない方法でAGAによる薄毛を対策するのも選択肢の一つなので、育毛剤の「deeper3D」や育毛アロマシャンプーの「Growth Project」、育毛サプリの「ボストン」などを上手く活用してみてください。

 - AGAと関係のある症状・病気