薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと頻尿

   

AGAの治療で使われる医薬品の種類によっては、副作用として頻尿の症状が引き起こされるケースがあります。

頻尿とは、「尿が近い」「尿の回数が多い」「トイレに行く回数が多い」という症状を指し、夜中にトイレに行きたくなって何度も目が覚めるという人は少なくありません。

排尿の回数には個人差が生じておりますが、一般的には日中に5回、夜間に0回~1回が平均だと言われており、「1日に8回以上の排尿」と頻尿の定義が決められております。

恐らく、AGA治療薬のプロペシアは前立腺肥大症の薬として開発された経緯があり、尿の機能にも少なからず影響を及ぼすので頻尿の副作用が報告されているのです。

しかし、AGAの治療薬の服用が直接的な原因ではなく、以下のように様々な要因が考えられます。

過活動膀胱:尿が溜まっていないのにも関わらず膀胱が勝手に収縮する病気
前立腺肥大:肥大した前立腺が尿道を圧迫して排尿トラブルが引き起こされる
抗コリン薬の服用:パーキンソン病の治療薬の抗コリン薬による副作用
尿路感染:尿道から侵入した細菌感染によって炎症が引き起こされる病気
心因性:尿道や膀胱に主な疾患がない場合は心因性頻尿が考えられる

上記のような原因によって頻尿が引き起こされやすく、尿道や膀胱の病気が主なので、あまりにもトイレが近いような人は早めに病院を受診した方が良いかもしれません。

特定の疾患が見つかる可能性は十分にありますし、命の危険に晒される心配はなくても、症状の悪化によって日常生活に支障を来たす場合はあります。

AGAの内服薬のプロペシアは前立腺肥大症の治療薬として使われていたので、副作用が原因で頻尿が引き起こされるケースは少ないはずです。

しかし、プロペシアは性欲減退や男性機能の低下など、その他の副作用も幾つか報告されております。

副作用の発症率は低いとしても、不快な症状が引き起こされることはあるため、医薬品による治療が不安ならばノコギリヤシが含まれたサプリメントの使用がおすすめです。

育毛サプリメントの中に配合されていることの多い成分がノコギリヤシで、プロペシアの中に含まれているフィナステリドと同じように還元酵素の5αリダクターゼの働きを阻害してくれます。

その結果、テストステロンが抜け毛を引き起こすDHTに産生されずに済むので、AGAの予防や対策として男性から愛されているのです。

医薬品ではないので副作用のリスクはありませんし、前立腺肥大症や頻尿、排尿障害の疾患にも効果を発揮することが分かりました。

医薬品の服用だけではなく、身体の内側からの対策もAGAには欠かせないので、ノコギリヤシが含まれた健康食品のBOSTON(ボストン)を試してみてください。
 

>>> BOSTON(ボストン)の詳細はこちら

 

 - AGAと関係のある症状・病気