薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと肥満

   

メタボリックな体型、つまり肥満の男性はAGAを発症しやすいと噂されており、皮脂の分泌量が多く頭皮が脂ギッシュになっているイメージからかもしれません。

AGAは男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が深く関わっており、肥満が原因で抜け毛や薄毛の症状が進行することはないはずです。

肥満そのものがAGAを発症させることはないと専門家は話しておりますし、痩せている男性でもDHTの産生量が多ければAGAを発症して抜け毛や薄毛は加速していきます。

しかし、メタボリック症候群で動脈硬化が引き起こされ、血管が狭くなって頭皮へと行き渡る栄養素や酸素の量が減少すれば、髪の毛の健全な成長に悪影響が加わるはずです。

血行不良によって抜け毛が増えやすいのは有名な話ですし、脂っこい食べ物ばかりを食べていれば皮脂の分泌量が増えて頭皮環境は悪化していくため、肥満傾向の男性は十分に注意した方が良いのではないでしょうか。

肥満の大きな原因は運動不足や食べ過ぎで、個人の体質によっても異なりますが、基本的には毎日の生活習慣が大きく関わっております。

交通機関が発達し移動の際に便利になりましたし、社会人になれば尚更学生の頃とは違って運動する機会は著しく減少するため、若い頃は痩せていても年齢を重ねて肥満になる人は多いのです。

加齢によって新陳代謝が悪くなって太りやすくなりますし、AGAによるハゲを少しでも予防するためにも毎日の生活の中にウォーキングやジョギング、サイクリングといった有酸素運動を取り入れた方が良いかもしれません。

有酸素運動を続けると心肺機能や新陳代謝が高まって血行不良が改善され、頭皮に行き渡る栄養素や酸素の量は必然的に多くなります。

メタボリックシンドロームは健康面でも様々な疾患の原因となるため、有酸素運動が大事なのは何となくお分かり頂けるはずです。

同時に、カロリーが高い食事をできる限り避け、野菜や魚類などをバランス良く食べる食生活を心掛けていれば肥満は解消されていきます。

健康的な食生活と運動習慣を身に付けることで、AGAによる抜け毛や薄毛の症状の悪化を食い止められますし、様々な病気の予防にも自然と繋がるはずです。

もちろん、肥満やデブを解消しても男性ホルモンのDHTの産生量を減らせるわけではないので、AGAを発症して頭頂部や前頭部の薄毛で悩んでいる人は湘南美容外科クリニックへの受診をおすすめします。

この専門機関では個人の症状に合わせた薄毛治療が実施されているので、まずは無料カウンセリングで医師に相談してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAと関係のある症状・病気