薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと下痢

   

AGAの治療薬を服用し、下痢の症状で悩まされる男性は少なからずいらっしゃるようです。

プロペシアやミノキシジルタブレットの添付文書では、副作用の項目の中に下痢は表記されておりませんでした。

それでも、医薬品である以上は副作用のリスクはありますし、不快な症状が引き起こされる可能性はあるので、自分の体調をチェックしながら抜け毛や薄毛の治療を進めていく必要があります。

市販の育毛剤や育毛シャンプー、育毛サプリメントといった製品は医薬品とは異なるため、副作用で悩まされることはありません。

一方で、プロペシアやミノキシジルタブレットは高いAGA改善効果が得られるからこそ、そのリスクとして副作用が引き起こされるのです。

そこで、実際に下痢になった際に、どのような対処をすれば良いのか以下では記載しているので、是非参考にしてみてください。

・本来吸収すべき水分が体外に排出されているので脱水症状を防ぐために水分補給を行う
・冷たい水ではなく吸収性の良い白湯や常温のスポーツドリンクがおすすめ
・乳糖不耐症の人は牛乳を飲むと小腸に乳糖が蓄積されて下痢を起こすので飲用を避ける
・ストレスや緊張が引き金となるケースもあるので毎日の生活でストレスを発散する
・運動やマッサージを適度に行って腸内環境を整える
・ドラッグストアや薬局で販売されている整腸薬を服用する

上記のような対策で少しずつ症状を和らぎますが、特定の状況下で下痢を引き起こす人は過敏性腸症候群の可能性があります。

下痢だけではなく便秘を交互に繰り返す病気が過敏性腸症候群で、お腹の痛みや不快感に襲われやすく、炎症や潰瘍といった器質的疾患が認められないケースも多いのが特徴です。

自然と症状が回復しないことも多いため、下痢や便秘があまりにも長く続くようならば、早めに病院へと受診して専門医の診察を受けた方が良いでしょう。

AGAの治療薬によって一時的に下痢が引き起こされているような状態ならば、日常生活に気を配ることで症状を和らげられます。

もちろん、プロペシアにしてもミノキシジルタブレットにしても服用している間に副作用が引き起こされるため、あまりにも症状が辛いのならば別の薄毛治療を考えた方が良いかもしれません。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは投薬治療だけではなく、発毛や育毛に欠かせない薬剤を頭皮へと直接注入する育毛メソセラピーが実施されております。

自分の髪の毛を移植する自毛植毛による薄毛治療もここでは受けられるので、どれが今の自分の症状に合っているのか確かめるためにも、湘南美容外科クリニックの専門医に相談してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAと関係のある症状・病気