薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと炎症・赤み

   

「頭皮が腫れている」「頭皮に赤みが生じている」「頭皮が痒み」という人は炎症を引き起こしている可能性が高く、AGAの症状を悪化させる大きな要因となります。

AGAの発症メカニズムは男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が関わっているため、頭皮の炎症は特に関係ありません。

頭皮に赤みや痒みがなく、正常な環境を維持している男性でも、毛乳頭でDHTが産生されれば毛母細胞に悪影響が生じて抜け毛の量は以前にも増して加速していきます。

しかし、頭皮は髪の毛にとって作物を育てる畑と一緒で、土壌の環境が悪化していれば生えてくる毛髪も弱々しくて便りないものになるため、炎症や赤みといった肌トラブルは早めに改善しなければならないのです。

それに、バリア機能を失った肌にアレルゲンが付着し、アレルギー症状が引き起こされる可能性も十分にあるのではないでしょうか。

小さな異常でも気付かずに放置していれば毛髪にも悪影響が及ぶため、AGAを発症している男性は特に炎症や赤みなどのトラブルには注意するべきです。

頭皮が炎症を起こしたり、赤みを帯びてかゆみが生じたりする理由は以下のようになっております。

・毎日使用しているシャンプー剤の成分が自分の肌に合っていない
・刺激の強い成分が含まれたシャンプーやトリートメントを使っている
・洗髪の回数が多すぎて頭皮が乾燥している
・マラセチア菌の繁殖で脂漏性皮膚炎を患っている
・アレルギーによって生じる皮膚炎の接触性皮膚炎を患っている
・太陽からの紫外線を浴びすぎて頭皮が日焼けしている

上記のような原因で頭皮は炎症を起こし、時間が経過すればするほど赤みは酷くなっていきます。

痒みやフケといった症状は加速し、頭皮環境は今よりも悪化しやすく、AGAによる抜け毛や薄毛の症状が進行しやすいのは想像できるはずです。

このような肌トラブルを未然に防ぐためにも、AGAの治療薬に頼るだけではなく頭皮環境を正常に保つ工夫を行った方が良いかもしれません。

マラセチア菌の繁殖やアレルギーによって脂漏性皮膚炎や接触性皮膚炎を引き起こしているのならば、早めに専門医が在籍している皮膚科を受診して適切な治療を受けるべきです。

そうではない人は、「優しい洗浄成分が含まれたシャンプー剤やコンディショナーを使う」「1日に1回の洗髪を心掛けて正しい方法で洗う」「日焼けしないようにUV対策を行う」という予防を行ってみましょう。

同時に、頭皮の炎症を抑えるのに効果的なビタミンB2やビタミンB6を身体の内側から摂取していれば、次第に赤みは解消されていきます。

もちろん、頭皮の炎症を防ぐだけでは直接的な発毛効果は得られないため、AGAの悩みを抱えている男性は専門のクリニックを受診して自分に合った治療を受けてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAと関係のある症状・病気