薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAの症状は悪化するの?

   

AGA(男性型脱毛症)は進行性の病気なので、放置していると次第に症状は悪化していきます。

症状の進行スピードは非常に遅いので、発症して1週間や2週間でハゲが一気に進むということは100%ありません。

それでも、自然と治ることはありませんし、年齢を重ねるにつれて以下のように少しずつ悪化していきます。

10代⇒髪の毛に関する悩みは一切抱えていない
20代⇒まだ抜け毛や薄毛の症状には気付かない
30代⇒少しずつボリュームがなくなってAGAではないかと不安が募る
40代⇒頭頂部や前頭部の薄毛が進行して見た目が気になりだす
50代⇒頭皮が透けて地肌が見えるようになる
60代⇒AGAによる薄毛が顕著に進んで後頭部や側頭部にしか髪の毛が残っていない

上記のように、AGAを発症すれば症状が悪化するのは確実なので、髪の毛が残っているうちに適切な治療を行わなければならないのです。

薄毛の治療はあくまでもAGAの進行を食い止めるだけで、AGA自体を完治させられるわけではありません。

それでも、効果的な治療を受ければ今の状態を維持したり発毛を目指したりできますし、「学校や仕事に行くのが辛い」「人に会いたくない」という不安やうつ傾向を未然に予防できます。

現代ではAGAに関する研究が進み、プロペシアやミノキシジルなど薄毛治療に効果的な医薬品が次々と登場しました。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックではこれらの豊富な治療が用意されているので、まずは専門医に薄毛の悩みを相談してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、AGAは病気ではなく体質に分類され、仮に症状が悪化しても体調に悪影響が及ぶことはありません。

しかし、薄毛が進行すれば見た目のイメージが悪くなり、実年齢よりも老けて見られてしまうため、多くの男性が必死に治療しているのです。

AGAに効果的な治療薬は登場しており、どれも薄毛のメカニズムに特化しておりますが、以下のように生活習慣が乱れていると症状は悪化しやすくなります。

・熱量の多い食べ物ばかり食べていると抜け毛を引き起こすDHTの生成量が増える
・薄毛を気にし過ぎているとストレスが溜まって血行不良が引き起こされる
・栄養バランスが良くない食生活を送っていると新陳代謝が低下する
・運動不足に陥っていると血液やリンパの流れが悪くなって毛髪の成長が阻害される
・寝不足が続いていると髪の毛を成長させる成長ホルモンの分泌量が減る

上記のように、不規則な生活が引き金となり、抜け毛や薄毛が加速するケースは珍しくないので、今一度自分の生活を見直してみてください。

 - AGAと関係のある症状・病気