薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGA治療は年齢制限があるの?若者でも治療できるの?

   

プロペシアやミノキシジルなど、AGAの治療薬には年齢制限があるので注意しなければなりません。

内服薬のプロペシアも外用薬のミノキシジルも、20歳以上という年齢制限が設けられております。

そのため、10代という若さでAGAによる抜け毛や薄毛で悩んでいたとしても、これらの医薬品を使って治療することはできないのです。

「未成年がAGA専門クリニックへと受診してはいけない」という決まりはありませんが、医師がプロペシアやミノキシジルを処方することは絶対にないでしょう。

20歳以上の成人ならば効果と安全性の両方が確立されており、DHTを抑えて抜け毛の抑制を図ったり血管拡張作用によって発毛を促したりという変化が得られます。

数々の臨床試験でもその効果は立証されているものの、20歳以上という条件の下で行われており、10代の若者へ投与した場合の効果と安全性は確立されていないのです。

アボルブやザガーロといった医薬品も20歳以上という年齢制限があるので、10代の若者の薄毛治療は方法が限られます。

しかし、必ずしも治療薬を使わなければ改善できないわけではなく、若者の場合は症状が著しく進行していないと考えられるので、頭皮環境を整えるような植物性エキスが含まれた育毛剤でもある程度の効果は得られるはずです。

当サイトでは、専門家も推奨している育毛剤のチャップアップをご紹介しているので、抜け毛や薄毛の悩みを抱えている男性は一度使ってみてください。
 

>>> チャップアップ(CHAP UP)の詳細はこちら

 
さて、上記ではAGA治療薬は20歳以上に限り、年齢制限が設定されていると説明致しました。

一方で、上限は特に設定されておらず、50歳になっても60歳になってもAGAの治療を始めることができます。

プロペシアに関しては、「女性は服用してはいけない」「20歳未満の男性は服用してはいけない」という点だけ守っていれば良いのです。

ただし、健康面に何かしらの問題が生じている高齢者は、自分の判断で治療薬を服用するのではなく、かかりつけの医師に相談した方が良いでしょう。

プロペシアにしてもミノキシジルにしても、副作用の生じ方に年齢差は確認されておりません。

それでも、内服薬は特に肝臓を中心とする臓器に負担が加わりますし、プロペシアの副作用として肝機能障害のリスクが高まると添付文書には記載されておりました。

素人では安全に服用して薄毛を治療できるかどうか判断できないので、個人輸入代行業者から入手するのではなく、専門医の指示に従って治療を進めてください。

 - AGA治療と年齢・性別