薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

未成年でもAGA治療を受けられるの?

   

抜け毛や薄毛の症状で悩んでいる未成年は意外と多く、男性ホルモンの分泌量が活発になる思春期を過ぎれば誰でもAGAを発症するリスクはあります。

・周りの友人と比べて髪の毛が薄い・・・
・薄毛だから女の子にモテないのではないか?
・このままハゲが進行したらどうしよう

上記のように、未成年の薄毛は成人以降と比べて精神的なショックが大きく、早くAGA治療を始めて症状を食い止めたいと考えるはずです。

仮に、60代を過ぎて髪の毛が薄くなり、M字型ハゲやO字型ハゲが進行したとしても年齢相応なので仕方がないという考えに至るかもしれません。

その点、未成年の場合はこれから楽しい時期が待っているはずですし、仕事や恋愛、結婚など様々なイベントが待ち受けております。

にも関わらず、見た目的に老けた印象になる薄毛が進行すれば、誰でもストレスを抱えてしまうのです。

しかし、成人のAGA治療薬として使われているプロペシアやミノキシジルは、薬事法で未成年には処方できないと決められております。

特に、プロペシアは少なからず男性ホルモンに影響を与える内服薬で、性欲減退や勃起不全(ED)といった副作用があるため、未成年が服用するのはリスクが大きいとお分かり頂けるのではないでしょうか。

成長期の思春期に当たる10代から男性ホルモンのバランスを崩す恐れのある医薬品を服用するのは、身体全体の成長や脳にも悪影響が出るのではないかと考えている専門家はいらっしゃいました。

そのため、プロペシアやミノキシジルなどの医薬品に頼るのではなく、以下のような方法で抜け毛や薄毛の対策を練ってみてください。

・食生活を見直して髪の毛の成長に欠かせないタンパク質や亜鉛をバランス良く摂取する
・市販で販売されている頭皮環境の改善を目的とした育毛剤を使用する
・頭皮マッサージで髪の毛を作っている細胞に栄養素を行き渡らせる
・毎日良質な睡眠を取って毛髪の成長を促す成長ホルモンを分泌させる
・肉体的な疲れを回復させて精神的なストレスを発散する
・市販されている育毛シャンプーを使って頭皮環境を整える

未成年の段階でAGAを発症したとしても、頭頂部の脱毛や生え際の後退といった症状が著しく進行することはありません。

頭皮の地肌が透けて見た目的にイメージが大きく変わるケースは少ないため、無理にAGA治療薬を使わなくても上記のような対策で薄毛の進行を食い止められます。

当サイトでは年齢に関わらず使用できる育毛シャンプーのプレミアムブラックシャンプーをご紹介しているので、髪の毛が成長しやすい環境を作るためにも一度使ってみてください。
 

>>> プレミアムブラックシャンプーの詳細はこちら

 

 - AGA治療と年齢・性別