薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

10代という若いうちからAGAを発症するの?

   

10代という若いうちからAGAを発症することがあるのか、疑問を抱えている男性はいらっしゃいます。

確かに、一緒に勉強したり遊んだりしている仲間と比べて自分の髪の毛が薄かったり、抜け毛が増えていたりすれば心配になるはずです。

50代や60代といった中高年の男性よりも、10代という若者の方が薄毛に対してコンプレックスを抱きやすいのではないでしょうか。

男性は10代に入るとテストステロンを中心とする男性ホルモンの分泌が活発になり、体毛や髭が濃くなっていきます。

AGAはテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結び付き、毛乳頭でDHTが発生することで引き起こされるため、思春期を越えていれば若いうちからAGAを発症する可能性は十分にあるのです。

10代のAGAは若年性脱毛症や若ハゲと言われており、頭頂部の脱毛が進んだり生え際が少し後退したりと男性型脱毛症に至る条件は揃っております。

正常な頭皮をお持ちの方でも1日に100本程度の抜け毛は発生しますし、10代の薄毛は成長期の一時的なホルモンバランスの乱れかもしれません。

それでも、DHTの産生という先天的な要因でAGAを発症することはありますし、「夜遅くまで起きて寝不足が続いている」「肉類ばかり食べている」「ストレスが溜まっている」という後天的な理由も合わさって薄毛は進行していきます。

とあるデータによると、AGAの年齢別発症率は以下のようになりました。

20代の男性:6%
30代の男性:12%
40代の男性:32%
50代の男性:44%
60代の男性:51%
70代の男性:61%

10代の若者のデータはなかったものの、20代前半でもAGAを発症する可能性があるのならば、18歳や19歳で抜け毛や薄毛の症状が進んでも不思議ではないのです。

若いうちから薄毛の症状が進むと、「体質だから抗えない」「諦めるしかない」と考えるかもしれません。

何もかもが嫌になって自暴自棄になりたい気持ちは分かるものの、早めにAGAの対策を始めれば十分に改善できます。

ただし、プロペシアやミノキシジルといった治療薬は成人のみと決められており、10代の若者は服用できないので注意が必要です。

そのため、市販で販売されている植物エキスが含まれた育毛剤で毛髪の成長を促したり、頭皮環境を整える育毛シャンプーを使ったりしましょう。

当サイトでは、年齢や性別に関わらず薄毛対策として使用できる育毛剤のチャップアップをご紹介しているので、髪の毛の悩みを抱えている人は一度使ってみてください。
 

>>> チャップアップ(CHAP UP)の詳細はこちら

 

 - AGA治療と年齢・性別