薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

ザガーロでAGAを治療しよう

   

2015年にグラクソ・スミスクライン株式会社が承認を得たAGAの治療薬がザガーロで、有効成分としてデュタステリドが配合されております。

AGAの治療薬と聞くと、多くの男性はプロペシアやミノキシジルを想像するかもしれません。

確かに、内服薬のプロペシアと外用薬のミノキシジルがAGAによる薄毛の治療として一般的で、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでもAランクの評価を得ております。

これに変わる医薬品として登場したのがザガーロで、2015年の9月に厚生労働省から製造販売承認を取得した新しいAGA治療薬なのです。

ザガーロは既に日本ではアボルブとして流通している前立腺肥大症の医薬品と、商品名とカプセル名が異なるだけで中身は一緒となっております。

デュタステリドには男性ホルモンのテストステロンをDHTに変える要因の酵素の5αリダクターゼを阻害できることで有名となりました。

「フィナステリドと変わらないのではないか?」と考えるかもしれませんが、デュタステリドとは大きく異なります。

フィナステリド⇒Ⅱ型の5αリダクターゼしか阻害できない
デュタステリド⇒Ⅰ型とⅡ型の両方の5αリダクターゼを阻害できる

上記のように、DHTを抑える作用機序はデュタステリドの方が高いため、AGAによる薄毛の治療薬としてザガーロは徐々に人気を得ております。

ザガーロが登場するまでは同じデュタステリドが配合されたアボルブを服用していた男性は多いはずですし、ミノキシジルと併用すれば更に大きな効果が得られるかもしれません。

それに、プロペシア1mgに対してザガーロならば0.1mgで同じ効果が期待でき、有効成分の量が多くなった0.5mgも同時に販売しております。

米国皮膚科学会運営の第Ⅲ相臨床試験(PhaseⅢ)データによると、0.5mgのザガーロは1mgのフィナステリドよりも発毛効果が1.6倍も高いという結果が出ました。

巨大製薬企業のグラクソ・スミスクライン社は日本法人の取り組みを積極的に行っており、AGAの治療薬以外にも以下のような製品を販売しております。

・風邪薬のコンタック
・オーラルケア用品のアクアフレッシュ
・入れ歯の手入れのポリデント
・知覚過敏や歯周病対策に適した歯磨き粉のシュミテクト

上記のように、有名な製品を出している製薬会社からの内服薬なので、安全性が高いことがお分かり頂けるはずです。

もちろん、プロペシアの方がAGA治療薬としての歴史が長いので、「ザガーロの方が優れている」とは一概には説明できません。

それでも、日本国内でAGA治療薬として許可されているので、プロペシアの服用で変化が得られないのならばザガーロを試してみるべきです。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは残念ながら取り扱っていないものの、これから導入する可能性も十分にあるので無料カウンセリングで詳細を伺ってみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGA治療を薬で行おう