薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAの特効薬

   

AGA(男性型脱毛症)の特効薬を使って薄毛の治療を行いたいと考えている男性は多いはずです。

確かに、効果を得られるのかどうか分からない育毛剤や育毛サプリメント、育毛シャンプーを使うよりも特効薬を使った方が良いと考えるのは不思議ではありません。

しかし、「特効薬のようなAGAの治療薬」はあっても「AGAの特効薬」は存在せず、どの程度の効果が得られるのかは個人の症状によって大きく異なります。

AGA治療に適した発毛医薬品はプロペシアとミノキシジルで、クリニックで処方してもらったり個人輸入で購入したりという方法で入手可能です。

「これさえ使っていれば髪の毛が生えて薄毛を改善できる」というわけではありませんが、DHTを抑えて抜け毛を予防するプロペシアと、血管拡張によって発毛を促すミノキシジルの2つを組み合わせれば効果は倍増します。

どちらか片方を使用するよりも、両方の医薬品を使って足りない部分を補うような治療を行えば理想のヘアスタイルを手に入れられるのです。

ただし、併用しても特効薬ではないので変化を実感できるまでに時間がかかり、「継続できない」⇒「フェードアウトする」⇒「薄毛が進行する」というケースも考えられるので注意しましょう。

状況や予算に応じて育毛メソセラピーや自毛植毛といった治療を選択するのも方法の一つなので、自分にはどのような治療が適しているのか確かめるためにも当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックへと足を運んでみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、一昔前は育毛剤や育毛シャンプーの使用といった方法しか薄毛治療の選択肢がありませんでした。

しかし、時代が進むにつれてプロペシアやミノキシジルなどの効果的な医薬品が登場し、薄毛で悩んでいる男性にとってこれほどありがたいことはなかったはずです。

そのため、数年後や数十年後には今よりも更に研究が進み、AGAによる薄毛の特効薬が開発されるかもしれません。

現に、アメリカの製薬メーカーとスイスのアクテリオンが手を組み、抜け毛を防止する特効薬を開発しているようです。

George Cotsarelis氏を率いる科学者は薄毛の原因がプロスタグランジンD2と呼ばれる酵素が毛包を塞ぐことではないかと考えており、それを抑えるローションの製造に力を入れております。

新薬が登場する可能性は高いですし、遺伝による抜け毛や薄毛でも諦める必要はないのです。

今現在の方法でもAGAの進行を食い止めたり発毛を促したりという効果は期待できるので、自分に合った方法を探してみてください。

 - AGA治療を薬で行おう