薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAとテオフィリン

   

テオフィリンとは茶葉の中に含まれている苦味成分のことを指し、医薬品として気管支喘息発作やうっ血性心不全の治療に用いられております。

気管支の緊張を緩和するC-AMPを増やし、気管支内腔を広げてアレルギー性の炎症を抑えられるのがテオフィリンの主な効果です。

そのため、AGAによる抜け毛や薄毛の治療に繋がるような医薬品ではありませんし、テオフィリンを使用する状況は限られております。

ドラッグストアで購入できるような市販薬ではなく、医師に処方してもらって服用するケースが一般的なのではないでしょうか。

そこで、「喘息を治療するためにテオフィリンを処方してもらっているけど、AGAの治療薬を併用できるの?」という疑問を抱えている男性は少なからずいらっしゃるはずです。

確かに、健康体だろうが喘息を患っていようが、思春期を越えた男性ならば男性ホルモンが活発に分泌されているので、AGAを発症する可能性は誰にでもあります。

「○○○○の体質の男性は絶対にAGAを発症しない」と言い切れるわけではなく、年齢を重ねれば誰でも発症する可能性があるのがAGAの特徴なのです。

これはテオフィリンに限った話ではありませんが、内服薬を服用するならば事前に専門医へと相談しておいた方が良いかもしれません。

代表的なAGA治療薬のプロペシアには併用禁忌薬はないものの、2種類の内服薬の服用で不快な症状が引き起こされることは十分にあります。

特に、テオフィリンは不眠や頭痛、めまいや震え、むくみやしびれといった副作用が報告されているので、AGA治療薬と併用する場合は医師の指示に従ってください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、テオフィリンとAGA治療薬のプロペシアを併用することに不安を抱えているのならば、ミノキシジルが含まれた育毛剤の使用をおすすめします。

ミノキシジルが含まれた育毛剤ならば体内へと直接取り入れるのではなく、頭皮へと直接塗布する形となるので身体に大きな負担は加わらないはずです。

ミノキシジルは日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでもAランクという高い評価を得ており、医療機関で処方してもらうことができます。

ドラッグストアでも5%のミノキシジルが配合されたリアップを購入できるので、最も手軽に行える薄毛治療なのではないでしょうか。

ただし、個人輸入代行業者を利用して入手するミノキシジルタブレットは身体への負担が大きいので、服用前には必ず専門医へと相談してください。

 - AGA治療を薬で行おう