薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAとステロイド

   

アトピー性皮膚炎の治療として用いられているのがステロイド剤で、副腎で作られている副腎皮質ホルモンの一つです。

体内の炎症を抑えたり免疫力を抑制したりという効果を持っており、ステロイド剤はアトピー性皮膚炎を中心として様々な皮膚疾患に用いられております。

そこで、「AGAによる抜け毛や薄毛はステロイド剤で治療できないのか?」という疑問を抱えている男性は少なからずいらっしゃるかもしれません。

しかし、ステロイド剤には強い副作用があるので使い方には十分に注意しなければなりませんし、AGA(男性型脱毛症)の根本的な原因となるDHTの抑制効果は得られないのです。

プロペシアは5αリダクターゼの働きを阻害してDHTの産生を防ぐ効果的なAGAの内服薬ですし、ミノキシジルには血管拡張作用による発毛効果が得られます。

その点、ステロイド剤にはこのような効果がなく、炎症を和らげたり免疫を抑制したりするだけなので、AGAの治療には用いられないのです。

間違った使い方を続けることにより、刺激が強すぎて毛根そのものにダメージが加わり、薄毛の改善どころか発毛さえできなくなるので注意した方が良いでしょう。

当サイトでご紹介しているならば、医学的な根拠に基づいたAGA治療が受けられます。

個人の症状や体質に合わせたオーダーメイド治療が取り入れられているので、まずは湘南美容外科クリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、AGAの治療としてはステロイド剤は用いられないものの、円形脱毛症には効き目のある方法だと考えられております。

頭皮の一部分や複数の箇所が脱毛し、10円ハゲのように薄毛が引き起こされる症状のことを円形脱毛症と呼び、年齢や性別に関わらず引き起こされるのが大きな特徴です。

AGAは男性ホルモンの分泌量が活発になる思春期辺りから発症する可能性が高まりますが、自己免疫疾患による円形脱毛症は子供でも患うケースがあります。

体内の免疫と深く関わっている病気なのでステロイド剤の使用が効果的で、以下のような方法で注入していくのです。

局所注射:注射器を使って患部に直接注入していく
外用:患部に塗布する方法で単発型の円形脱毛症で用いられる
内服:錠剤を服用する方法でステロイドの強さによって量が異なる
ステロイドパルス療法:点滴によって体内へと大量に注入する

長期間の服用によって感染症を中心とする副作用がありますし、急にやめると吐き気や頭痛といったステロイド離脱症候群が生じるので、専門医の指示に従って服用してください。

 - AGA治療を薬で行おう