薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAをロゲインで治療しよう

   

AGA治療に効果的だと日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインで推奨されているのがミノキシジルで、ロゲインはこの成分を含む育毛剤となっております。

アメリカのファイザー社がロゲインを開発しており、強力な育毛効果を持ち合わせていると医学的に証明されました。

ミノキシジルが含まれているのが大きな理由で、毛根血管拡張作用を持っているため、この育毛剤を頭皮へと塗布することで血行が促進され、栄養素や酸素が行き渡って発毛効果が得られます。

AGAを発症し、髪の毛が痩せ細ってヘアサイクルが乱れるのは、何も男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)の影響だけではありません。

もちろん、AGAの発症の有無はDHTに関わっており、この活性型の男性ホルモンはテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結合することで産生されます。

しかし、毛根への栄養供給が不足することでもヘアサイクルは崩れやすいため、血流の改善で毛包を再活性させる作用と、毛母細胞を活性化してくれる新毛生成作用を持ったロゲインの使用でAGA治療に繋げられるのです。

・ミノキシジルの含有量5%
・ミノキシジルの含有量2%
・女性用のミノキシジル含有量2%

上記のように、ロゲインは複数の種類に分けられており、AGAで悩む男性だけではなく加齢によって髪の毛のボリュームが低下してきた女性も使用できます。

他の外用薬のようにミノキシジルの含有量はそこまで高くないため、初心者でも扱いやすいのがロゲインの魅力なのではないでしょうか。

ロゲインを1日に2回に渡って頭皮へと塗布し、半年後には90%以上の人が何かしらの効果が出たと医学的な根拠も証明されております。

もちろん、内服薬のプロペシアと同じように、ミノキシジルが含まれたロゲインも1週間や2週間といった短い期間では変化を得ることができません。

それでも、長期間に渡って使用すればするほど薄毛改善効果は高まり、AGAの治療に繋げられるので多くの男性がロゲインを使用しているのです。

日本のドラッグストアでは販売されていない製品なので、医療機関を受診して処方してもらうか、インターネット通販の個人輸入代行業者から購入するかの2通りの入手方法があります。

また、「DHTを抑制するプロペシアを併用する」「朝と晩の2回に分けて頭皮へと塗布する」という使い方を心掛けることで、ロゲインの効果を更に高めることが可能です。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでもロゲインを取り扱っており、同時に他のAGA治療も受けられるのでまずは無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGA治療を薬で行おう