薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAをリアップで治療しよう

   

大正製薬から販売されているミノキシジル配合の育毛剤がリアップで、十数年前に登場した当初は爆発的な人気を得ました。

当時はAGA(男性型脱毛症)という言葉すら認知されておらず、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインも発表されていなかったので、どのような治療が効果的なのか分からない状況だったのです。

そこで、髪の毛のない部分に生やせる育毛剤としてリアップが登場し、大正製薬の調べによると97.8%の人が何かしらの効果を実感しております。

これも全て医薬品成分のミノキシジルが配合されているのが大きな理由で、血流をスムーズにして血行を促し、頭皮へと行き渡る酸素や栄養素の量を増やしてくれるのです。

・休止期の毛包を成長期へと移行させてヘアサイクルを整える
・新しい髪の毛の発毛を促す
・毛包を活性化させて大きく深く成長させる

上記のような効果が得られ、長期間に渡る使用によってAGAによる抜け毛や薄毛を治療できます。

例えば、24週間に渡る使用で著名改善は「2.1%」、中等度改善は「47.9%」、軽度改善は「54.2%」、普遍は「8.3%」という臨床結果が出ました。

もっと長く続ければ著名改善と中等度改善の割合が増えていきますし、リアップを使ってAGAによる薄毛の症状が悪化した男性は少ないのです。

もちろん、AGAに100%効き目のある特効薬は存在しないので、「リアップだけ使っていれば良い」というわけではありません。

それでも、血流アップ作用や毛細血管の増設作用はAGAの治療には欠かせないですし、ドラッグストアでリアップを購入する価値は十分にあります。

発毛効果が最も高い「リアップX5」、噴射式の「リアップジェット」、女性用の「リアップリジェンヌ」など、どれもドラッグストアで販売されているのです。

ミノキシジルが配合されたリアップだけは薬局で購入可能で、これがAGAの内服薬のプロペシアとの大きな違いなのではないでしょうか。

仮に、リアップの使用だけで大きな変化が得られないとしても、活性型男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)の生成量を抑えるケアも同時に行えば効率良くAGAの治療ができます。

DHTの生成を抑えるには、テストステロンをDHTに変える酵素の5αリダクターゼを抑制しなければならず、その効果的な内服薬がプロペシアなのです。

軽度の症状ならばリアップだけでも進行を防げるかもしれませんが、ある程度の薄毛が進行している男性はプロペシアとリアップを併用して治療した方が良いかもしれません。

ミノキシジルとフィナステリドを同時に使うことによる効果は、単体よりも遥かに高いので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックで処方してもらってください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGA治療を薬で行おう