薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAとキノリンイエロー

      2018/02/01

現在では病院で医師に処方してもらうだけではなく、インターネット通販の個人輸入代行業者を利用して海外で販売されているAGA治療薬を入手できるようになりました。

・病院で処方してもらうよりも圧倒的に安い料金で医薬品を購入できる
・毎月病院へと通院する必要がなくパソコンやスマホで注文するだけで良い
・薬代だけで初診料や診察料が必要ない
・周囲の人間にも専門医にも誰にも知られずにAGAの治療を進められる
・豊富な種類の医薬品の中から選んで抜け毛や薄毛を治療できる
・日本では取り扱っていないような後発医薬品のジェネリックも簡単に入手できる

上記のようなメリットが得られるため、現在では個人輸入代行業者で海外の医薬品を購入し、AGA治療を行っている男性が増えております。

しかし、プロペシアのジェネリック医薬品の中に、発がん性の疑いのあるキノリンイエロー(Quinoline Yellow)が含まれていたため、以前に問題視されました。

タール系色素の一種の着色料がキノリンイエローで、フィンペシアのコーティング剤として使われております。

通常のプロペシアよりも圧倒的に安い価格でジェネリックのフィンペシアは購入できるため、この内服薬でAGA治療を行っている男性は多かったのですが、キノリンイエローに発がん性の疑いがあるとネットで情報が出回ってからというもの、売り上げはどんどん落ちていきました。

もちろん、有毒性を持った物質ではなく、日本でもキノリンイエローは家庭用洗剤や化粧品などの着色剤として使用されております。

実際に、アメリカやヨーロッパでは問題ない成分として許可されているものの、日本では化粧品に使うことは許されていても食品への添加は認められていないのです。

発がん性があると科学的に証明されたわけではありませんし、そのような臨床試験やデータは特にありません。

それに、錠剤のコーティングとして使われている場合はほんの少量ですし、体内に入ったとしても重篤な症状を引き起こすわけではないのです。

それでも、噂に尾ひれがつき、「キノリンイエローを含むAGA治療薬のフィンペシアは危険」という情報が出回ったのではないでしょうか。

とは言え、現在個人輸入代行業者で販売されているフィンペシアは、キノリンイエローフリーなので安心して摂取できるようになりました。

余計な添加物や成分は一切含まれておりませんし、お値段はそこまで変わっていないので金銭的な負担を抑えてAGA治療を進められるのです。

当サイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂でもフィンペシアを取り扱っているので、AGA治療を考えている男性は一度服用してみてください。
 

>>> フィンペシアの詳細はこちら

 

 - AGA治療を薬で行おう