薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと他の薬の飲み合わせ

   

体調を崩しやすいという男性は、AGA治療薬と他の薬との飲み合わせで身体に悪影響が生じないのか疑問を抱えるはずです。

AGAの治療薬として代表的なのがプロペシアとミノキシジルタブレットで、どちらも1日に1錠を服用する形となっております。

どちらの医薬品も毎日飲み続けてこそ効果が得られるため、日常生活を送る上で他の病気を治す薬やドラッグストアで販売されている市販薬を服用するケースはあるかもしれません。

そんな時に飲み合わせが気になるのは当然のことですし、「効果が下がるのではないか?」「副作用のリスクが高まるのではないか?」という不安を抱くはずです。

プロペシアだけではなく、フィンペシアやフィンカーといったジェネリック医薬品にも該当しますが、有効成分のフィナステリドの飲み合わせに関する身体への異常は報告されておらず、併用禁怠薬も特に設定されておりません。

AGA治療薬のフィナステリドに関しては今までに世界中で専門家が分析や臨床実験を実施しており、どの研究データや論文にも危険性や異常があらわれたという報告はないのです。

プロペシアの添付文書の中にも、併用禁怠薬の一覧は特に記載されておりませんでした。

そのため、今まで服用していた薬で病気の治療を続け、同時にプロペシアを服用してAGAの治療を行うことができます。

もちろん、素人では本当に安全なのか確かめる術はないので、プロペシアで服用して薄毛を治療しようと考えているのならば、かかりつけの医師に相談した方が良いでしょう。

一方で、血管拡張作用が得られるミノキシジルタブレットの場合は、以下のような薬との飲み合わせに注意が必要です。

・抗血小板薬
・血圧凝固剤
・ワーファリン
・抗不整脈薬
・ニトログリセリン製剤

上記のような医薬品には、血圧を下げたり血液の流れを良くしたりという効能があります。

ミノキシジルは元々は高血圧の患者さんのために開発され、血圧を低下させる作用を持っているので、他の薬とのダブルの効果で低血圧に陥りやすいのです。

ミノキシジルタブレットとの併用によってめまいや立ちくらみ、全身倦怠感といった症状で悩まされるリスクが高いため、副作用を防ぐためにも併用はできる限り避けた方が良いかもしれません。

それに、AGA治療薬のミノキシジルタブレット自体が強い作用を持っており、身体に大きな負担が加わります。

その状態で別の内服薬を服用した際の影響は計り知れないので、専門医に相談しなければならないのです。

個人輸入代行業者でAGAの医薬品を購入して自力で薄毛を治療すると、飲み合わせの有無が分からないというデメリットがあるため、既に持病を抱えている男性は特に専門医の指示に従って処置を施してください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGA治療を薬で行おう