薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAを内服薬で治療しよう

   

AGAの治療を行う上で欠かせない存在が内服薬で、その中でもプロペシアが日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでも高く推奨されております。

プロペシアは有効成分のフィナステリドを含む内服薬で、以下のような流れでAGAによる抜け毛をストップさせられるのです。

①厚生労働省に承認されたプロペシアを1日に1錠服用する
②有効成分のフィナステリドが体内へと行き渡る
③酵素の5αリダクターゼの働きを阻害する
④テストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変化するのを防ぐ
⑤DHTの生成が抑制されて抜け毛の発生を抑えられる
⑥AGAが原因の薄毛の治療に繋がる

AGAの根本的な原因と言っても過言ではないのがDHT(ジヒドロテストステロン)で、この物質が脱毛シグナルを出し、ヘアサイクルが乱れて成長期が短くなります。

つまり、髪の毛が太く長く成長する前に抜け落ちてしまうため、年齢を重ねることによって薄毛の症状が進行していくのです。

その症状をストップさせられるのが内服薬のプロペシアで、AGAのメカニズムに焦点を当てた画期的な治療薬だとお分かり頂けるのではないでしょうか。

この内服薬は以下のような方法で入手できます。

・一般病院の皮膚科を受診して医師から処方してもらう
・AGA専門クリニックを受診して医師から処方してもらう
・インターネット通販の個人輸入代行業者を利用して購入する

上記のように、プロペシアはドラッグストアでは販売されておらず、病院で処方してもらうか個人輸入で購入しなければなりません。

最も安全性が高く、尚且つAGA治療の効果的なアドバイスをもらいながら対策できるのが専門クリニックへの受診です。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは、1ヵ月分のプロペシアを初回に限り4,200円という格安の料金で処方してもらえるので、まずは無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、AGAの治療に繋げられる内服薬はプロペシアだけではなく、ミノキシジルタブレットもあります。

血管拡張作用を得られるミノキシジルと聞くと、頭皮へと直接塗布する育毛剤をイメージする男性が多いかもしれません。

塗布タイプのミノキシジルはリアップが有名で薬局で購入でき、ロゲインやカークランド、ポラリスといった海外の医薬品は個人輸入で購入可能です。

医療機関や個人輸入では内服薬タイプのミノキシジルタブレットも登場しており、体内へと成分を直接取り入れることでより大きな効果が得られます。

ただし、プロペシアと比較して身体への負担が大きく、多毛症や動悸、倦怠感やむくみといった副作用で悩まされやすいので注意しましょう。

特に、大容量のミノキシジルタブレットほど身体への負荷が大きいので、まずは低容量からAGAの治療を始めてください。

 - AGA治療を薬で行おう