薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAをミノキシジルで治療しよう

   

AGA治療に効果的なミノキシジルについて

ドラッグストアでも販売されているAGAの治療薬がミノキシジルで、薄毛の治療に効果的だと言われております。

塗布タイプの育毛剤の中に配合されている成分で、毛根部分の血管拡張を発揮し、血流をアップさせて栄養素を行き渡らせてくれるのです。

日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでもAランクという高い評価を得ており、厚生労働省からも承認されているので、AGAによる薄毛で悩んでいる男性にとっては馴染みの深い存在かもしれません。

ミノキシジルは元々は高血圧の治療薬として開発され、副作用として患者さんに発毛効果があらわれたため、現在ではAGA治療薬として用いられるようになりました。

AGAを発症して毛根に脱毛スイッチが入ると自然と蘇ることはありませんが、ミノキシジルが含まれた育毛剤を塗布することで血管拡張効果によって収縮した血管を再生してくれます。

数々の臨床試験によって発毛効果は認められており、現在では以下のような種類のミノキシジル育毛剤が出回っているのです。

・大正製薬のリアップ
・ファイザー社のロゲイン
・Best Green Labのジェンヘアー
・Polaris Research Laboratories社のポラリス
・カークランド社のカークランド

リアップに関してはマツモトキヨシやスギ薬局といったドラッグストアでも販売されており、私たちは気軽にAGAの治療を行えるようになりました。

製品によって使い方には違いが生じているものの、基本的には適量を薄毛の気になる部分へと塗布するだけで良いのです。

今まで頭皮に送られていなかった栄養素や酸素が血流に乗って届くようになり、毛母細胞が活性化されて直接的な発毛効果を得られます。

ミノキシジルの配合量が多ければ多いほど高い効果を期待できるのも大きな特徴で、自分のAGAによる薄毛の症状に合わせて使い分けるのが良いのではないでしょうか。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでも、ミノキシジルが含まれたロゲインを処方しているので、一度相談してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

AGA治療に使われるミノキシジルの副作用について

ミノキシジルは血圧降下剤として開発されたという経緯があるため、プロペシアよりも注意を払わなければならない医薬品となっております。

塗布タイプの育毛剤ならば大きな副作用で悩まされることはありませんが、肌質が弱い男性は以下のような症状を引き起こすかもしれません。

・頭皮のかぶれ
・頭皮の痒み
・頭皮の炎症
・頭痛
・むくみ

内服薬タイプのミノキシジルタブレットは副作用が強く、AGAの治療のために服用する場合は注意が必要です。

その点、育毛剤のミノキシジルならば頭皮へと塗布するだけなので、全身症状に至る可能性は非常に低く、肌荒れだけで済むケースが多くなっております。

それでも、サプリメントやシャンプーとは違って医薬品である以上、正しい知識を持って使用して薄毛を治療しなければならないと頭に入れておきましょう。

ミノキシジルの配合率が1%~5%のリアップならばまだしも、個人輸入代行業者から販売されているジェンヘアーやポラリスは15%程度と量が多いので十分に注意してください。

 - AGA治療を薬で行おう