薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAをミノタブで治療しよう

      2018/02/01

「髪の毛を生やす効果が高い」「最強の発毛剤」と言われているのがミノキシジルタブレットで、「ミノタブ」という愛称で親しまれております。

ミノタブはロニテンと呼ばれる高血圧の治療薬として開発されたジェネリック医薬品に該当し、副作用として患者さんに発毛効果があらわれたのでAGA治療薬として使われるようになりました。

ミノキシジルは日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでもAランクという高い評価を得ており、血管拡張作用によって頭皮の血流を促し、髪の毛を直接的に生やす効能を持っております。

塗布タイプのミノキシジル⇒ローションや液体を頭皮へと直接塗布する
飲用タイプのミノキシジル⇒錠剤を水や白湯と一緒に服用する

上記のように、2種類の医薬品が現代では登場しており、塗布タイプのミノキシジルとしてはロゲインやリアップが有名です。

飲用タイプの内服薬がミノタブで、ドラッグストアでは販売されておりませんが、病院で処方してもらったり個人輸入代行業者から購入したりという方法で入手できます。

外用薬のミノキシジルは塗った部分にしか作用しませんし、私たちの皮膚にはバリア機能が備わっているため、内部には浸透しにくいのです。

その点、ミノタブは内服によって成分が全身に行き渡るため、塗布タイプよりもAGAの治療効果が高いところが特徴かもしれません。

頭頂部の薄毛だけではなく、血行不良が生じやすい前頭部の薄毛にも効果があると言われており、多くの男性がミノタブを服用しております。

当サイトでは、ミノタブを販売しているオオサカ堂をご紹介しているので、AGAによる薄毛で悩んでいる男性は一度使ってみてください。
 

>>> ミノキシジルタブレットの詳細はこちら

 
さて、男性の中には、「塗布タイプのミノキシジルと飲用タイプのミノタブを併用した方が良いのではないか?」と考える人がいらっしゃるかもしれません。

確かに、身体の内側と外側の両方からAGA治療を行うのは効果的ですが、頭髪専門医師によると飲用タイプのミノタブの作用が強力なので、塗布タイプを併用しなくても良いとのことです。

それに、内服だけでも身体に加わる負担が大きく、以下のような副作用のリスクがあります。

・ありとあらゆる箇所の体毛が濃くなる多毛症
・低血圧
・めまい
・眠気
・むくみ
・心筋梗塞
・性欲減退

実際にミノタブを服用してAGA治療を行った男性の中には、「1日で顔のむくみが気になった」「3日目から髭の伸びるスピードが早くなった」「2週間で動悸が頻繁に起こるようになった」と回答しておりました。

個人の体質によって異なるので一概には説明できないものの、プロペシアと比較して身体に加わる負担が大きいのは紛れもない事実です。

そのため、ミノタブを使ったAGA治療を考えている男性は、自分の体調を考慮しながら慎重に行ってください。

 - AGA治療を薬で行おう