薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと風邪薬

   

育毛シャンプーや育毛サプリメントでは根本的な改善は難しいため、医薬品を使ってAGA治療を行っている男性は以前と比べて遥かに増えました。

プロペシアやミノキシジルなど効果的な医薬品が次々と登場しており、薄毛治療の幅が広がったのも大きな理由となっております。

そこで、「AGAの治療薬のプロペシアやミノキシジルと風邪薬を併用することはできるの?」「2種類の医薬品を飲み合わせて効果が下がったり副作用のリスクが高まったりしないの?」という疑問を抱えている男性は多いかもしれません。

確かに、医薬品の種類によっては飲み合わせによって症状を緩和させるどころか健康被害が加わるケースは十分にありますし、作用の弱い風邪薬でも一緒です。

「100%問題ない」とは言い切れませんが、風邪薬の成分は病原菌を退治するためのもので、AGA治療薬として代表的なプロペシアには酵素の5αリダクターゼを阻害する成分が含まれております。

身体への代謝の経路が異なりますし、風邪薬とプロペシアがお互いに影響を及ぼす可能性は限りなく低いため、同時に服用しても問題はないのです。

プロペシアの添付文書の中にも、併用禁忌薬は特に設定されていないと記載されておりました。

AGA治療を続けている中で体調不良を訴えることは少なからずありますが、そんな時でもプロペシアを飲みながら風邪薬を服用できるのです。

しかし、風邪を患った際は体内の防衛反応が働いて発熱や血圧増加といった症状が見られるため、正常な状態では問題なくても体調不良の状態でプロペシアを服用し、副作用が強く出てしまうかもしれません。

数日間程度プロペシアの服用を中止しても一気に薄毛の症状が進行することはないため、風邪をしっかりと治して体調を回復させてから治療を再開するべきです。

また、プロペシアやミノキシジルタブレットは、市販の風邪薬ならば併用しても重篤な症状は引き起こされにくいものの、以下のような医薬品の服用には注意しましょう。

・効果や効能が被るAGA治療薬(例えばプロペシアとアボルブ)
・血圧系の医薬品(ミノタブは元々血圧降下剤として開発されたので併用は危険)
・前立腺肥大症の医薬品(プロペシアは前立腺肥大症の治療薬として開発された)

素人では正確な判断を下せない可能性が高いので、ルルアタックFXやベンザブロックといった市販の風邪薬でも、併用する際はかかりつけの医師に相談するべきです。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックならば患者さんの悩みを親身になって解決してくれるので、まずは無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGA治療を薬で行おう