薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAの治療を海外の医薬品で行おう

      2018/02/01

現在ではAGAの治療は皮膚科や専門クリニックだけではなく、個人輸入を利用して海外の医薬品を入手して行えるようになりました。

オオサカ堂やアイドラッグストア、JISA.comといった個人輸入代行業者が有名で、AGAやEDなど様々な症状に効き目のある海外の医薬品を取り扱っているのです。

簡単に説明すると、個人輸入とは海外から国内へと持ち帰ることを指しており、個人で使用する範囲内ならば厚生労働省の許可がなくても税関の承認だけで持ち込むことができます。

しかし、AGAの治療薬を購入するためだけに海外へと足を運ぶのは面倒ですし、渡航費や滞在費も馬鹿にならないため、個人輸入代行業者に依頼すればインターネット通販のような形で薄毛治療薬を入手できるのです。

個人輸入で海外の医薬品を購入し、AGA治療を始める上でどのようなメリットが得られるのか見ていきましょう。

・皮膚科や専門クリニックで処方してもらうよりも価格が圧倒的に安い
・薬代だけを支払えばOKで、初診料や診察料は必要ない
・Amazonや楽天のようなインターネット通販と一緒なので誰にも知られずにAGA治療が受けられる
・毎月通院する必要がなく、自宅にいながら薄毛の治療を施せる
・日本製よりも高性能な育毛グッズが手に入る

上記のようなメリットがあるため、病院やクリニックへの受診ではなく、個人輸入に乗り換えている男性は増えております。

特に、価格が安いという点が非常に大きく、ジェネリック医薬品ならばもっとコストを削減できるのです。

どんな症状でもAGA治療は長期間に渡って続けなければならず、他の病気のように1週間や2週間で完治することは100%ありません。

つまり、1年間2年間と根気良く薄毛を治療していかなければならないので、金銭的な負担を抑えるために海外の医薬品を個人輸入で購入するのは選択肢の一つなのです。

また、日本製よりも高性能な医薬品や育毛グッズが手に入るのも大きなメリットの一つで、これはミノキシジルが含まれた育毛剤に該当します。

日本では安全性を考慮しすぎてミノキシジルが含まれた有名な育毛剤のリアップは、濃度が5%と非常に低く設定されているのです。

その点、海外の医薬品はミノキシジルの濃度が15%を超えるポラリスやジェンヘアーが中心で、より大きな血管拡張作用が得られます。

もちろん、インターネット通販はメリットだけではなく、「医師の処方ではないので安心感に欠ける」「専門医のアドバイスを受けられない」「粗悪品を販売している業者が少なからずある」というデメリットがあるので注意しましょう。

とは言え、長年の実績を持っている大手の個人輸入代行業者ならば粗悪品や偽物を掴まされるリスクを軽減できるので、当サイトでご紹介しているオオサカ堂を利用してAGA治療を行ってみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - AGA治療を薬で行おう