薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAの治療薬は一日置きに飲んでも良いの?

   

AGA治療薬として圧倒的な効果があり、世界中の男性から支持されているのがプロペシアですが、1錠当たりのコストは想像以上に高くなっております。

どのような経路で入手するかによって異なるものの、安い医療機関でも28錠で7,000円~7,500円程度で、1錠当たり250円もかかるのです。

そこで、「AGAの治療薬のプロペシアは一日置きに飲んでも良いの?」という疑問を抱える男性は多いかもしれません。

一日置きに服用すれば1ヶ月当たりのコストは半分となり、7,000円で処方してもらったのならば3,500円で済みます。

AGAによる薄毛の治療は原則的に長期間に渡って行わなければならないため、少しでも経済的な負担を減らせるように努力するのは当然のことです。

しかし、プロペシアの添付文書の中には、1日に1回を決まった時間に服用するべきだと記載されておりました。

1日に1mgのプロペシアを服用した場合、有効成分のフィナステリドは24時間程度で体内から消滅します。

つまり、一日置きと減薬していると抜け毛予防効果や増毛効果が持続しにくく、プロペシアの服用によって得られる効能が半減するのです。

もちろん、一日置きに服用すれば単純に薬の量が半分になるため、性欲減退や男性機能の低下などの副作用の確率は上がることはないでしょう。

それでも、毎日同じ時間帯に服用した男性と比較すると確実に得られる効果は下がるため、AGAによる薄毛をしっかりと克服したいのならば医師が推奨する用法と用量を守ってください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、上記ではプロペシアを一日置きで服用すると、毎日飲んだ場合と比べて効果が半減する可能性があると説明しました。

これはプロペシアに限った話ではなく、他のAGA治療薬のミノキシジルタブレットにも同じように該当します。

血管拡張作用で血流をアップさせ、髪の毛に栄養分を行き渡らせて発毛効果を得られる内服薬がミノキシジルタブレットで、医療機関での処方や個人輸入で入手可能です。

この医薬品も原則的に1日に1回の服用と定められており、薬代をケチって一日置きで服用すると得られる効果は半減します。

今までAGA治療を長期間に渡って行い、50代を超えてもう治療の必要がないと自分で判断したのならば、医師と相談して減薬するのは一つの選択肢かもしれません。

しかし、20代や30代の男性で何が何でもAGAを克服したいと考えているのならば、最も効果が得られる方法でプロペシアやミノタブを服用しましょう。

 - AGA治療を薬で行おう