薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAをジェネリック医薬品で治療しよう

      2018/02/01

AGAに効き目のあるジェネリック医薬品の価格について

「AGAによる抜け毛や薄毛の症状が気になるけど費用が高い」「少しでも安い価格でAGAを治療したい」と考えている男性は数多くいらっしゃいます。

確かに、プロペシアの1錠当たりの価格は大よそ200円~285円で、病院で処方してもらうとなると診察料や検査料などがかかるので費用が高額になりやすいのです。

そこで、AGAに効き目のあるジェネリック医薬品を使用し、治療してみてはいかがでしょうか。

医薬品を世に送り出す場合、特定のメーカーが最初に開発しなければならず、長い研究期間と莫大なコストがかかるという特徴があります。

この先発医薬品を手掛けられるのは大手のメーカーに限り、弱小の医薬品メーカーでは厳しいのです。

その点、ジェネリック医薬品は薬の構造や製造方法に関する特許権を取得し、莫大な開発費用をかけずに製造できるからこそ私たちは格安の価格で入手できます。

ジェネリック医薬品は「後発医薬品」や「ゾロ」とも呼ばれており、先発医薬品と主成分が同じなので効果や副作用に違いはありません。

ただし、製法特許が切れていなければ錠剤やカプセル、粉末を先発医薬品と同じにすることができないため、多少は効能や副作用に違いが生じます。

それでも、AGA治療薬のプロペシアのジェネリック医薬品ならば、活性型男性ホルモンを抑えるフィナステリドが含まれている点では一緒なので、抜け毛や薄毛といった症状の改善に繋がるのです。

そこで、プロペシアのジェネリック医薬品がどの程度の価格なのか見ていきましょう。

<オオサカ堂で購入した場合>
プロペシア(アメリカ版):28錠で5,500円
フィンペシア(キノリンイエローフリータイプ):30錠で2,200円
フィナロ:30錠で1,720円
フィンカー:100錠で4,500円

上記のように、正規品のプロペシアと比較して、どのジェネリック医薬品も価格が安いことがお分かり頂けるはずです。

AGA治療の出費を抑えるためにはジェネリック医薬品の使用が効果的で、毎日飲み続けなければならないからこそ1錠当たりの価格が安い薬を使った方が良いと言えます。

中でも、オオサカ堂から販売されているフィンペシアが最も高い人気を得ているので、この個人輸入代行業者を利用して購入してみてください。
 

>>> フィンペシアの詳細はこちら

 

AGAに効き目のあるジェネリック医薬品の副作用について

原則的に正規品のプロペシアでもジェネリック医薬品でも、効果や副作用はほとんど一緒だと考えて問題はありません。

AGAに効果のあるフィナステリドが配合されている点では一緒ですし、添加物や錠剤の形状に違いが生じていても、薬効が大きく下がるわけではないのです。

もちろん、「副作用のリスクが倍増する」「身体に良くない影響が引き起こされる」ということはないため、安全にAGAによる薄毛を治療できます。

ただし、プロペシアには性欲減退や勃起不全、男性機能の低下や肝機能障害といった副作用が報告されており、フィンペシアやフィナロといったジェネリック医薬品に関しても全く一緒です。

上記でもご説明したように、ジェネリック医薬品はインターネット通販の個人輸入代行業者を利用し、格安の価格で購入できるようになりました。

その代わりに、専門医から用法や用量に関する説明を受けられないため、事前に自分でAGA治療薬の飲み方について知識を得ておかなければならないのです。

用量を守らずに過剰摂取すれば、当然のように副作用のリスクが高まるので十分に注意してください。

 - AGA治療を薬で行おう