薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAを外用薬で治療しよう

   

AGAの治療法として一般的なのが外用薬の使用で、頭皮へと直接塗布していきます。

内服薬の場合は有効成分が全身に行き渡るので身体への負担が大きく、副作用で悩まされやすいのが難点です。

もちろん、外用薬も医薬品である以上は副作用があるため、用法と用量をきちんと守らなければなりません。

しかし、頭皮へと塗布するだけなので負担は少ないですし、ローションやフォーム、スプレーなど外用薬には様々な種類があるので自分が使いやすいと感じるものを選ぶのがベストです。

AGAの外用薬の中に含まれている成分として最も有名なのがミノキシジルで、AGAの治療を行ったことのある男性ならば一度はその名を聞いたことがあるのではないでしょうか。

最初は高血圧の患者さんの治療薬として開発されましたが、血管拡張作用によって発毛効果を得られることが分かったので現在ではAGAの治療として用いられるようになりました。

頭皮へと塗布することで血流を促し、髪の毛に行き渡る栄養素や酸素の量を増やせるので発毛効果が得られ、AGAによる薄毛の治療に繋がるというメカニズムになっております。

・リアップ
・ロゲイン
・カークランド
・ポラリス
・ジェンヘアー
・スペクトラルDNC
・アクタビス

上記のように、ミノキシジルを含んだ外用薬の種類は多く、それぞれ配合率が異なります。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは初心者でも取り扱いやすい5%配合のロゲインを取り扱っているので、AGAで悩んでいる男性は一度受診して処方してもらってください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、AGAの治療としてミノキシジルが含まれた外用薬や育毛剤は実に効果的で、育毛シャンプーや自然派成分の育毛剤とは大きく異なります。

これらの製品は医学的な効果が認められておらず、発毛効果を得るのではなく頭皮環境の改善がメインなのです。

そのため、AGAによる薄毛を根本的に治療したいのならば、医薬品成分が含まれた外用薬を使用するのがベストなのは間違いありません。

また、ミノキシジル以外にも、第一三共株式会社から販売されているフロジンが脱毛症の治療に効果的だと考えられております。

フロジンには塩化カルプロニウムと呼ばれる成分が配合されており、血行を良くして頭皮や髪の毛に栄養素を効率良く届ける効能を持っているのです。

ミノキシジルを含む外用薬と同じように、病院での処方やネット販売で入手できるので、薄毛の治療のために一度使ってみてください。

 - AGA治療を薬で行おう