薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAをフィンペシアで治療しよう

      2018/02/01

AGAの治療に効果的なフィンペシアについて

AGAの治療に効果的だと言われているがフィナステリドと呼ばれる成分で、これはAGAの原因物質となるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制できるからです。

フィナステリドが配合された内服薬として有名なのがフィンペシアで、正規品のプロペシアのジェネリック医薬品となっております。

インドのシプラ社がフィンペシアを製造しており、医療機関でプロペシアを入手するよりも圧倒的に安い価格で購入できるからこそAGAで悩む男性から高い支持を得ているのです。

・AGAの治療を続けたいけど医薬品の購入のために高額な費用がかかる
・毎月クリニックに通院する時間がない
・自宅で誰にも知られずにAGAによる薄毛を治療したい

上記のような悩みを抱えている男性は、インターネット通販の個人輸入代行業者から販売されているフィンペシアを購入するのが良いかもしれません。

ジェネリック医薬品と言っても正規品のプロペシアと同等の効果を持っており、Ⅱ型の5αリダクターゼを抑制することでヘアサイクルを狂わせるAGAの治療に繋げられます。

「プロペシアよりも効果が劣るのではないか・・・」という意見は出回っているものの、有効成分のフィナステリドを含んでいる点では一緒なので少なくとも8割~9割程度の効果は得られるはずです。

薄毛の治療には保険が適用されないということで、医療機関でプロペシアを処方してもらう場合と個人輸入でフィンペシアを入手する場合とでは、以下のようにかかる費用が大幅に異なります。

プロペシアの処方:1錠250円×365日=91,250円
フィンペシアの購入:1錠32円×365日=11,680円

為替の相場によってフィンペシアの価格は異なるので一概には説明できないものの、クリニックや皮膚科でプロペシアを処方してもらうよりも圧倒的に安いのは紛れもない事実です。

AGAの治療は必然的に長い期間がかかり、それだけ高額な費用を支払わなければならないので、少しでも金銭的な負担を抑えるために個人輸入代行業者のオオサカ堂でフィンペシアを購入してみてください。
 

>>> フィンペシアの詳細はこちら

 

AGAの治療薬として使われているフィンペシアの副作用について

以前はフィンペシアではなく同じジェネリック医薬品のエフペシアの方が人気を得ており、それはコーディング剤としてキノリンイエローがフィンペシアに使われていたからです。

添加物の一種がキノリンイエローで、食品や医薬品の着色料として使われているので危険物質というわけではありません。

しかし、日本では化粧品の添加としては許可されていても、食品への添加は安全性が確実に証明されておらず、現在でも禁じられているのです。

そして、キノリンイエローに発がん性があるのではないかと噂が流れ、日本では状況が一変して「AGA治療薬のフィンペシアは服用しない方が良い」と認識されました。

情報に尾ヒレが付いて炎上しただけなので、ガンの発症リスクが高まると決まったわけではないものの副作用のリスクは当然のようにあります。

現在ではキノリンイエロー不使用のフィンペシアが出回っておりますが、プロペシアと同じように性欲減退や男性機能の低下といった副作用が報告されているので用法と用量には十分に注意してください。

 - AGA治療を薬で行おう