薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAとエストロモン

   

女性向けのホルモン剤として有名なのがエストロモンとプレマリンで、卵胞ホルモンのエストロゲンの分泌を促す効果があります。

不妊治療を行っていたり更年期障害で苦しんでいたりという女性に処方されており、エストロモンはプレマリンのジェネリックなので個人輸入で安い料金で購入できるのが大きな魅力です。

基本的には女性が服用する医薬品ですが、「エストロモンを服用すれば男性ホルモンの分泌量を抑えられるからAGAの治療に繋がるのではないか?」と考えている男性はいらっしゃいます。

確かに、抜け毛や薄毛を引き起こすAGAは男性ホルモンが深く関わっており、毛乳頭でDHTが生成されることでヘアサイクルに乱れが生じ、毛髪が太く長く成長する前に抜け落ちて薄毛が進行していくのです。

それに、女性の髪の毛が伸びやすいのは女性ホルモンのエストロゲンが分泌されているお陰なので、エストロモンの服用で改善できるのではないかと考えるのは不思議ではありません。

しかし、女性ホルモン剤の服用はリスクが高く、AGAの治療どころか身体に様々な悪影響が生じるので避けるべきです。

・声が高くなる
・筋肉量がなくなる
・身体がくびれてくる
・大事な部分が勃たなくなる
・性欲が減退する
・体力が低下する
・うつのような症状が引き起こされる

上記のように、医薬品の効能によって無理に女性ホルモンを増やして男性ホルモンを減らすと、身体が女性化したり男性機能が低下したりという後遺症があります。

薄毛治療のためにエストロモンを服用し、ED(勃起不全)を患ったというケースも報告されており、危険性の高い方法なのです。

それに、AGAを引き起こしているのは男性ホルモンのテストステロンではなく、酵素の5αリダクターゼによって変換されたDHT(ジヒドロテストステロン)なので、男性ホルモンの量が多いからといって必ずしも薄毛を引き起こしやすいというわけではありません。

男性ホルモンの分泌量が多い男性でも、酵素の5αリダクターゼの量が少なかったりDHTの感受性が低かったりすればAGAを発症しないのです。

以上のように、エストロモンで女性ホルモンの量を増やして男性ホルモンの量を減らすという対策は危険なので、絶対に真似しないようにしましょう。

内服薬のエストロモンだけではなく、ペラニンやルテスといった女性ホルモン注射をクリニックで受ける処置も一緒です。

AGAの治療のためにホルモン注射を受けたいと医師に告げても、「リスクが高いだけで大きな効果は得られませんよ」と説明を受けると思います。

AGAによる薄毛の治療にはプロペシアやミノキシジルといった効果的な医薬品が登場しているので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックで処方してもらってください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGA治療を薬で行おう