薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAをアロビックスで治療しよう

   

AGAによる薄毛の治療として外用薬のアロビックスを用いている男性が多く、フロジン液のジェネリック医薬品となっております。

新薬の場合は2年間に1回のペースで価格の見直し改正が行われるものの、得た利益を次の新薬の開発費用に回さなければならないため、金額を高めに設定するのです。

その点、ジェネリック医薬品は新薬の開発にかかる費用を削減できるため、アロビックスはフロジン液よりも安い価格で入手できます。

アロビックスにもフロジン液と同じように有効成分として塩化カルプロニウムが配合されており、毛根の血行を促して高い発毛効果が得られるのです。

この血行促進作用がAGAの治療と大きく関わっており、髪の毛を太く長く成長させられます。

血行が悪い状態だと栄養素や酸素が毛母細胞に行き渡らず、抜け毛が増えたり薄毛が進行したりという症状で悩まされるかもしれません。

そこで登場するのがアロビックスで、とあるデータによると薄毛の改善効果は56%を上回るという結果が出ました。

男性が悩まされるAGAだけではなく、年齢や性別に関わらず引き起こされる円形脱毛症や、女性のびまん性脱毛症にも効果があるのがアロビックスの特徴です。

有効成分の塩化カルプロニウムは皮膚への浸透性が高く、血管拡張作用が長時間に渡って作用するため、ドラッグストアで販売されている自然派成分の育毛剤とは大きく異なります。

それに、塗布タイプの外用薬なので副作用の発現率も極めて低く、乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使えるのではないでしょうか。

もちろん、頭皮の発疹や皮膚のかぶれといったトラブルは考えられるので、アロビックスも他の医薬品と同じように用法と用量をしっかりと守らなければならないのです。

このように聞くと、「AGAによる薄毛はアロビックスを使っていれば良い」と考える男性がいらっしゃるかもしれません。

しかし、アロビックスの有効成分の塩化カルプロニウムは日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでC1ランクと評価が低く、臨床試験で確かな結果を残しているミノキシジルとは異なります。

「AGAによる薄毛の治療」に焦点を当てるのならば、Aランクという高い評価を得ているミノキシジルが含まれた外用薬を使った方が良いのです。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは、ミノキシジルが含まれたロゲインが処方されているので、まずはインターネットで無料カウンセリングを予約してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGA治療を薬で行おう