薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAの治療期間

   

AGAの治療期間には個人差があるため、「○ヶ月で抜け毛が減る」「○年で薄毛が改善する」とは一概に説明できません。

代表的なAGA治療薬のプロペシアやミノキシジルの場合、治療効果の出る平均期間は約6ヶ月だと臨床試験で証明されました。

プロペシアにしてもミノキシジルにしても必ずしも短期間で効果が出るわけではなく、6ヶ月というのはあくまでも目安となっております。

つまり、3ヶ月で「抜け毛が減った」「産毛が生えた」という効果を手にできる男性がいれば、1年間に渡って服用しても効果が出ないケースもあるのです。

どちらにしても、AGAの治療期間は長くなると心得ておかなければならず、1週間や2週間といった短い期間ではどうにもなりません。

私たちのヘアサイクルは「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」と繰り返しており、AGAを発症している男性は成長期が短くなって休止期が長くなります。

そして、抜け毛が増えたり薄毛が進行したりという症状はゆっくりとしたスピードで進むため、治療で得られる効果も同じようにゆっくりなのです。

それに、現代の医療ではAGA自体を完治させることはできず、毛髪を良好な状態で保ったり現状維持したりするためには薄毛治療を継続しなければならないと心得ておきましょう。

「毎日プロペシアを飲み続ける」「毎日ミノキシジルを塗布し続ける」と根気良く治療しなければならず、これが途中で挫折する男性が多い大きな理由です。

「治療期間が長くなる」⇒「負担する費用も大きくなる」という特徴があり、AGAによる薄毛の最も厄介な部分となっております。

どんな薄毛治療でも現在では保険が適用されない自由診療という部類に属されており、全ての費用を自費で負担しなければなりません。

投薬治療を続けている期間は当然のように薬代を支払い続けなければならず、育毛メソセラピーや自毛植毛は1回の施術で高額な費用がかかります。

しかし、プロペシアにしてもミノキシジルにしても、基本的に半永久的に服用しなければならないため、自毛植毛を受けて薄毛を完全に克服するのは選択肢の一つです。

「自分の後頭部の髪の毛をドナーとして採取する」⇒「株分けして移植できる状態にする」⇒「頭頂部や前頭部へと機械で移植する」⇒「頭皮へと定着すれば一生涯に渡って生え続ける」

上記のようなメカニズムの薄毛治療が自毛植毛で、AGAで悩んでいる男性から特に高い支持を得ております。

美容整形と同じように保険が適用されず、移植するグラフト数によっては100万円を超えるのが最大のデメリットかもしれません。

それでも、一度手術を受ければメンテナンスの必要性はありませんし、内服薬や外用薬を長期間に渡って飲み続けなくても良いのです。

薄毛を完全に克服したい男性にとって効果的な方法なのは間違いないので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックで説明を受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGA治療の効果