薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAの治療はどのくらい継続すれば良いの?

   

AGAの治療はどのくらいの期間に渡って継続しなければならないのか、疑問を抱えている男性は意外と多いはずです。

あまりにも継続期間が長ければ、AGA治療を始める前に無理だと諦めてしまうかもしれません。

改善するまでの期間には個人差があるので一概には説明できないものの、短期間での回復は難しいという点では一緒です。

AGAによる抜け毛や薄毛の症状がゆっくりと進行していくように、回復や改善のスピードも遅く、長期間に渡って継続する必要があります。

それに、どんな医薬品を使ってもAGA自体を完治させることは不可能で、一度発症すれば治療で毛量を復活させても治療を中止すれば脱毛要因の影響を受けやすく、再び薄毛に陥りやすいと心得ておくべきです。

「毛髪状態を良好に保つ」「今の髪の毛を現状維持する」「大きな発毛効果を得る」という目的を果たすためには、プロペシアやミノキシジルによる治療を継続しなければなりません。

代表的なAGA治療薬のプロペシアに焦点を当てると、服用を継続すればするほど効果が高まり、グラフは右肩上がりになっていきます。

服用開始から数ヶ月程度では何も実感できなくても、3年間の継続した服用によって98%の男性が「脱毛を改善できた」「脱毛を予防できた」と答えているのです。

アンケートではなく臨床試験による結果でこのようなデータが出ているので、信憑性は非常に高いのではないでしょうか。

しかし、AGAの要因は加齢とともに増加していき、以下のような流れで抜け毛や薄毛が引き起こされやすくなります。

「男性ホルモンのテストステロンが生きるために存在している」⇒「毛乳頭に酵素の5αリダクターゼが存在する」⇒「2つが結合してDHT(ジヒドロテストステロン)が産生される」⇒「DHTが頭部の毛乳頭でアンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)と結合する」⇒「ヘアサイクルの成長期が短くなる」⇒「抜け毛の量が増えて薄毛が進行する」

上記のようなメカニズムでAGAは進行していくため、5αリダクターゼの働きを阻害できる内服薬のプロペシアが効果的な治療法だと考えられているのです。

とは言え、AGA治療を行えばDHTがなくなるわけではなく、医薬品の効果で一時的に抑えているに過ぎないので完全に封じ込めることはできません。

つまり、AGA治療薬はDHTを生成する機能を破壊できるわけではなく、あくまでも抑制効果しか得られないので、服用を継続しなければ意味がないのです。

もし、半永久的に内服薬や外用薬を使用するのが辛いと感じているのならば、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックの自毛植毛をおすすめします。

ここでは投薬治療だけではなく、自分の髪の毛を移植して根本的にAGAによる薄毛を改善する自毛植毛が実施されているので、無料カウンセリングで詳細を確認してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGA治療の効果