薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAの治療経過

   

AGAの治療経過には個人差があり、どのように抜け毛や薄毛の症状が改善されていくかは一概には説明できません。

選択する治療法によって効果も異なりますし、個人の体質で左右される部分なので、1ヶ月で変化が出る男性がいれば半年間以上かかる場合もあります。

「この特効薬を飲んでいれば自然と治る」という病気とは大きく異なるため、AGAの治療経過は男性によって変わるのです。

例えば、AGA治療薬で最も代表的なプロペシアの治療経過は以下のようになっております。

①服用してから3ヶ月で脱毛停止期に入り、抜け毛が減少していく
②4ヶ月から6ヶ月で改善期に入り、産毛が太くなって毛量が増え始める
③6ヶ月から1年間で急速に改善し、1本1本の髪の毛が太くなっていく
④1年間から3年間で安定改善期に入り、薄毛の症状の進行がストップする
⑤治療を始めてから4年間以上は安定期で、大きな変化は見られないものの今の毛髪を維持できるようになる

上記が大まかな治療経過で、長く続ければ続けるほど変化を得られることがお分かり頂けるはずです。

どんな男性でも一度AGAを発症すると、ゆっくりとしたスピードで抜け毛や薄毛が進行し、頭頂部の脱毛が広がったり生え際が後退したりします。

逆に、改善の場合も長い期間がかかるのが大きな特徴で、内服薬のプロペシアだけではなく外用薬のミノキシジルも基本的な経過は一緒です。

いくら発毛効果が期待できる成分とは言っても、育毛剤を塗布して1週間や2週間といった短い期間では変化を得ることができません。

治療経過の目安のように事が進まないこともあるため、AGA治療には根気が必要だと言われているのではないでしょうか。

そこで、少しでも高い発毛効果を得たいのならば、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックの育毛メソセラピーをおすすめします。

発毛や育毛に必要なカクテルを頭皮へと注入する薄毛治療で、AGA治療薬の数倍の効果が立証されているので湘南美容外科クリニックで試してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、AGAの治療を始めて症状が改善されていく過程で、初期脱毛と呼ばれる状態に陥るケースが多くなっております。

プロペシアやミノキシジルタブレットによる薄毛治療で初期脱毛は引き起こされやすく、2週間から1ヶ月程度で以前よりも抜け毛の量が増えるのです。

「何でAGAの治療を続けているのに抜け毛が増えるのか?」「このまま経過すればもっと髪の毛が減ってしまうのではないか?」という不安を抱える男性は少なくありません。

しかし、プロペシアを服用した男性に関しては約70%の割合で初期脱毛が起こり、医薬品の副作用ではなく効果を得ている証拠なのです。

AGAによって乱れたヘアサイクルが医薬品の効能で正常に戻っていることが原因で初期脱毛を起こすと考えられており、抜け毛が増えるのはむしろ改善に向かっていると説明できます。

AGA治療1ヶ月目で初期脱毛を恐れて中止すると、薄毛の改善という本来の目的を達成できなくなるので、そのまま服用を続けてください。

 - AGA治療の効果