薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAは回復するの?

   

抜け毛が増えて薄毛の症状が進行している男性は、「AGAは回復するの?」という疑問を抱えるはずです。

現在ではAGAの治療に最適な医薬品が次々と登場し、M字型ハゲでもO字型ハゲでも回復できるようになりました。

しかし、これは何かしらの治療や対策を行うのが最低条件で、何もせずに放置しているだけでは絶対に回復しません。

AGAを発症すると活性型男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が毛根に強く作用するようになり、ヘアサイクルを狂わせたり髪の毛の成長を邪魔したりするので薄毛が進行しやすくなります。

この症状は病気ではなく体質に分類され、一度発症すれば年齢を重ねるにつれて少しずつ進行していくため、放置によって自然と回復することはないのです。

つまり、AGAによる抜け毛や薄毛の対策をしたいのならば、元凶となる活性型男性ホルモンの作用を抑える必要があります。

そこで登場したのがプロペシアとミノキシジルで、皮膚科やAGA専門クリニックの受診で入手可能です。

プロペシア⇒酵素の5αリダクターゼの働きを阻害してDHTの産生を防ぐ効果
ミノキシジル⇒血管拡張作用によって発毛を直接的に促す効果

2種類の医薬品を併用することで、「抜け毛がどんどん増える」「髪の毛が細くなる」「生え際が後退する」「頭頂部が薄くなる」という状態を改善できます。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックならば同時に生活習慣の改善のアドバイスも頂けるので、薄毛を回復させるために一度受診してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、飲み薬にしても塗り薬にしても、AGAの治療を始めてから直ぐに症状が回復するわけではありません。

髪の毛や頭皮に何かしらの変化が生じるまでには一定の期間がかかり、早くても3ヶ月から4ヶ月程度だと言われております。

AGAの症状がゆっくりと進むように、治療による効果も遅いのが特徴なので、根気良く取り組まなければならないことがお分かり頂けるはずです。

そこで、少しでも早く症状を回復させたいのならば、投薬治療ではなく頭皮に発毛や育毛に欠かせない薬剤を直接注入する毛髪再生療法をおすすめします。

AGA専門クリニックではこの治療が実施されており、短期間で発毛率98%以上という非常に高い数値を残しているのです。

保険外治療なので費用の負担が大きいというデメリットはあるものの、プロペシアやミノキシジルで大きな変化が得られないのならば毛髪再生療法も視野に入れてみましょう。

 - AGA治療の効果