薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと生活保護

   

「生活保護を貰っている人はAGA治療を受けられるのか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

弁護士や司法書士に連れられて生活保護の申請に訪れる人の多くはハゲていると言われており、今まで生きてきた中で様々な苦労があったからではないでしょうか。

恐らく、生活保護を貰うために努力している人は100%いないですし、普通に仕事をしてお金を稼ぎ、家庭を持ちたかったと考えるはずです。

それでも、不況のおりで仕事ができなくなり、または別の理由で生活保護を申請しなければ生きていけない状態になったと仮定できます。

既にAGAを発症している人は精神的なストレスを溜め込むことにより、血行不良によって抜け毛や薄毛の症状が悪化しやすいのです。

しかし、生活保護者が使えるお金は1日に1,000円と決められており、AGA治療に費やすお金を捻出することはできません。

そもそも、AGAによる抜け毛や薄毛は病気だとは認められておりませんし、保険の適用されない自由診療となっております。

AGA治療を続けるためには高額な費用を支払い続けなければなりませんし、人の税金で食べている生活保護者が審美目的のために薄毛治療を行うとなると批判が相次ぐはずです。

・何で生活保護者がAGAの治療を行っているの?
・病気じゃないんだから治療する必要はないでしょ?
・AGAの治療薬を支払えるだけのお金があるのはおかしい
・自分で働いたお金で薄毛治療を行うのが普通だろ

上記のような批判が考えられるため、生活保護者がAGAによる薄毛を治療することは基本的にないはずです。

もちろん、年齢に関わらず抜け毛や薄毛の悩みは深いですし、少しでも若々しい状態を保ちたいという気持ちは分かります。

それでも、身分相応という言葉がありますし、生活保護を貰って食べていけるだけでもありがたい話なので、AGAの治療は諦めるべきです。

AGA治療は医薬品に頼らなければならないわけではなく、毎日シャンプーをして清潔な状態を保ったり、栄養バランスに注意して食生活を送ったりという対策も適しております。

生活習慣の改善でフサフサの状態に戻るのは不可能かもしれませんが、毎日の生活の中で今の髪の毛を守るケアは十分にできるはずです。

不規則な生活で抜け毛や薄毛の症状が悪化しやすいので十分に注意してください。

 - AGAの費用