薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAは自由診療なの?

   

AGA治療は健康保険が適用されるの?というページでも説明致しましたが、AGAは保険の適用されない自由診療となっております。

AGAによる抜け毛や薄毛の症状は生命に支障を来たすような疾患ではないという理由から、プロペシアにしてもミノキシジルにしても保険適応医療に当てはまらないのです。

病気や怪我を治すための治療ならば保険が適用されるため、私たちは治療費の3割を負担するだけで済みます。

その点、AGA治療は自由診療なので10割全てを負担しなければならず、しかもAGA自体を完治させることはできません。

プロペシアならば内服を続けることで男性ホルモンを阻害して抜け毛を予防でき、ミノキシジルも同様に使い続けることで発毛効果を得られます。

つまり、「自由診療と設定されている」「投薬治療は長期間に渡って続けなければならない」ということで、高額な費用がかかりやすいのです。

「なぜ自分はこんなにも薄毛で悩んでいるのにAGAの治療は自由診療なのか?」と疑問を抱えている男性は多いのではないでしょうか。

・頭頂部の脱毛が広がって他人の目線が気になるようになった
・薄毛だから女性に対して積極的にアプローチできない
・まだ若いのに生え際が後退しているのは本当にショック

このような悩みを抱えている男性の気持ちは大いに分かるものの、厚生労働省によってAGAによる薄毛治療は自由診療と決められているので仕方がないのです。

仮に、AGAの症状が進行して抜け毛が増え、薄毛でみすぼらしい姿になったとしても、生命の危機に立たされることは絶対にありません。

美容整形と同じように自分の美しさのための審美目的の治療だと判断されているからこそ自由診療と設定されており、全ての費用を自費で負担しなければならないのです。

しかし、高額な費用を負担する代わりに、保険診療では行えないような質の高い治療を自由診療では受けることができます。

保険が適用される治療では「○○の病気には○○○を処方する」と方法が制限されており、そのパターンから外れることはできないのです。

つまり、本当に自分の目的に合った治療を受けるためには自由診療が適しており、患者さんが自由に選択して時間をかけて臨む状態に近付くことができます。

AGAは絶対に治さなければならない病気というわけではありませんが、薄毛に少しでもコンプレックスを感じているのならば、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックへと足を運んで克服してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの費用