薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

夜更かしが原因のAGA

   

yofukashi

夜更かしとは夜遅くまで起きていることを指し、仕事やプライベートで忙しい人は「時間が勿体無い」ということで毎日の睡眠時間を削っているかもしれません。

しかし、夜更かしで睡眠時間が短くなって寝不足の状態が続くと、AGAによる抜け毛や薄毛の症状が悪化しやすいので注意が必要です。

寝不足の状態が続くと血行不良が生じ、髪の毛を作っている毛母細胞に栄養素や酸素が行き渡りにくくなります。

つまり、細くて弱く直ぐに抜けるような髪の毛ばかりになるため、AGAによる薄毛の症状が悪化しやすいのは何となく想像できるはずです。

過剰に頭皮の皮脂が分泌されやすいのも理由の一つで、毛穴を塞げば健康的な髪の毛が生えるのを阻害します。

AGAを発症している男性はDHTの影響でヘアサイクルが乱れ、ただでさえ成長期が短くなって抜け毛が発生しやすい状態なので、既存の毛髪を守るためにも夜更かしは避けた方が良いでしょう。

どんなに少なくても5時間程度の睡眠は確保しなければならず、同時に午後10時から深夜2時までのゴールデンタイムに眠りにつくのが良いと言われております。

この時間帯は育毛や肌にとってのゴールデンタイムと呼ばれており、成長ホルモンの分泌量が最も盛んになるのが大きな特徴です。

私たちの髪の毛は寝ている時に成長ホルモンの作用によって太く長く育っており、夜更かしをすれば当然のようにゴールデンタイムまでに眠りにつくことはできません。

AGAによる薄毛を克服したいのならば「藁にもすがる思い」で自分のできる範囲で様々な対策や治療を行わなければならず、「夜更かしせずに早く寝て早く起きる」という生活改善もその一つです。

もし、「深い睡眠を得られない」「11時にはベッドに入っているけど寝付けない」という悩みを抱えているならば、以下のような対策を練ってみてください。

・朝目覚めたら太陽の光を浴びて体内時計をリセットする
・寝付く2時間前から3時間前には食事を済ませておく
・寝付く1時間前に入浴して身体を温めておく
・眠る直前にスマホやPCのブルーライトを浴びない
・家族やペットと積極的にスキンシップを図る

上記のような方法を行っていれば良質な睡眠をとれるようになりますし、髪の毛だけではなく身体全体で良い作用が得られるはずです。

もちろん、夜更かしを防いでいてもAGAの症状は年齢によって加速していくため、治療に繋がるというわけではありません。

そこで、根本的にAGAを治療するために、専門クリニックの湘南美容外科クリニックへと相談し、自分に合った方法を探してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの原因