薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

疲れが原因のAGA

   

疲れが原因で薄毛の症状が悪化しやすいと考えられており、AGAとも多少の関係性があります。

疲れと一口に言っても様々な種類があり、日常的に引き起こされやすい疲れを幾つか挙げてみました。

身体的な疲れ:睡眠不足などで体力が落ちている
精神的な疲れ:ストレスなどを抱え込んでいる
目の疲れ:目を酷使しすぎてショボショボする

上記の中でも薄毛の原因だと言われているのが目の疲れで、仕事でもプライベートでも現代人はパソコンやスマホを使いすぎる傾向があるからかもしれません。

もちろん、AGAの直接的な原因は酵素の働きでテストステロンが脱毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)に産生されることなので、目が疲れていても特に影響のない男性は多いはずです。

酵素の5αリダクターゼが少なかったりDHTの感受性が弱かったりという男性は、どんなに乱れた生活習慣を送っていてもAGAによる薄毛は引き起こされにくいと考えられております。

それでも、目の疲れを回復させたり網膜の傷を修復させたりするためにシステインが使われ、この栄養素は髪の毛とも深く関わっているのです。

システインと髪の毛には以下のような関係性があります。

・髪の毛を作る際にタンパク質の構造を安定化させる
・毛髪を丈夫にするコラーゲンの生成を助ける
・肌の老化防止に役立つ抗酸化作用を持っている

このシステインが不足すれば弱くて細い髪の毛ばかりが作られやすくなるため、目の疲れが間接的にAGAによる薄毛の症状を悪化させるのではないかと考えられております。

軽度の症状の「疲れ目(眼疲労)」でも、重度の症状の「眼精疲労」でも、システイン不足が生じやすいのは紛れもない事実です。

ただの目の疲れならば、ゆっくりと睡眠を取ったり目を休ませてあげたりするだけでも回復するでしょう。

しかし、パソコンやスマホのブルーライトを長時間に渡って眺めたり、コンタクトレンズを外さずに長期間に渡って装着したりという原因で引き起こされる眼精疲労は、睡眠だけでは回復しにくいという特徴があります。

「頭痛」「肩こり」「首こり」「吐き気」「めまい」といった別の身体的な症状にも繋がりやすいので、丈夫な毛髪の維持のためにも早めに改善するべきです。

「ストレッチやマッサージで血行促進を図る」「目の回復に必要なアントシアニンをブルーベリーから摂取する」「PCやスマホの画面を見る時間を減らす」といった対策で眼精疲労や目の疲れを克服できます。

もちろん、AGAによる抜け毛や薄毛を根本的に治療できるわけではないので、症状の悪化を食い止めたいのならば専門の医療機関の湘南美容外科クリニックへと足を運んでみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの原因