薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

睡眠不足が原因のAGA

   

suimimbusoku

乱れた日常生活によってAGAによる薄毛の症状が悪化する原因となり、その一つが睡眠不足となっております。

「毎日の仕事が忙しい」「眠る時間を削って遊びたい」ということで、睡眠不足に陥っている現代人は多いはずです。

「時は金なり」という言葉の通り、失った時間を取り戻すことはできないので、眠る時間を削ってでも仕事をしたり遊んだりしている人が多いのかもしれません。

しかし、睡眠不足の状態に陥っていると元気な髪の毛が生えてこなくなるため、AGAによる抜け毛や薄毛の症状が悪化しやすくなります。

私たちの身体は絶えず細胞分裂を繰り返しており、髪の毛も決して例外ではなく、毛母細胞が分裂を繰り返すことで太く長く成長していくのです。

その際に必要となるのが脳下垂体前葉のGH分泌細胞から分泌される成長ホルモンで、髪の毛を作るだけではなく以下のような働きも担っております。

・身長を伸ばす
・骨や筋肉を作る
・新陳代謝を向上させる
・老化を防止する

子供が大人へと成長する時だけではなく、大人になってからも様々な代謝調節に関わっている生きていくために欠かせないホルモンとなっております。

この成長ホルモンは寝ている間に分泌されるという特徴があるため、睡眠不足が原因で毛髪の成長が滞り、AGAによる抜け毛や薄毛の症状が悪化しやすいというメカニズムです。

もちろん、1日や2日程度寝不足の状態が続いていたとしても、髪の毛や頭皮に悪影響が加わることは絶対にないでしょう。

それでも、睡眠不足が慢性的に続いていると細胞分裂が上手くいかずに組織が成長できなくなりますし、以下のように別の問題も発生します。

・集中力がなくなって判断力が鈍くなる
・頭痛やめまい、吐き気など不快な身体的症状があらわれる
・異常な疲れや眠気を感じるようになる
・ストレスを感じて情緒不安定になる
・自律神経のバランスが崩れて胃腸の働きが悪くなる

上記のように日常生活に支障が出るケースは少なくないため、髪の毛や頭皮の健康を保つためにも睡眠不足には注意しなければなりません。

ただ眠っていればAGAの予防に繋がるわけではなく、成長ホルモンが最も分泌しやすい夜の10時から深夜の2時までに眠るのも大切です。

この時間帯は「発毛のゴールデンタイム」や「肌のゴールデンタイム」と呼ばれており、健康的な髪の毛や身体を手に入れるために大切なので、夜更かしはなるべくしないでください。

 - AGAの原因