薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと縮毛矯正

   

クルクルの天然パーマを直毛にするための処置を縮毛矯正やストレートパーマと呼び、美容院や理容室といった場所で受けられます。

この縮毛矯正により髪の毛や毛根が傷み、AGAの原因に繋がるのではないかと不安を抱えている男性は少なくありません。

確かに、化学成分が配合された1剤を塗布して毛髪のシスチン結合を切断し、キューティクルを開かせてからアイロンで直毛になるように整え、2剤を塗布して再びシスチンを再結合させるのが縮毛矯正のメカニズムとなっております。

プロの美容師に処置を行ってもらっても少なからずダメージは加わりますし、AGAの原因に繋がりそうだと考えるはずです。

しかし、結論から言えば縮毛矯正が原因でAGAを発症することはなく、頭皮の内部でDHT(ジヒドロテストステロン)が生成され、毛母細胞の働きが弱まってヘアサイクルが乱れることが大きな要因となっております。

外部からの影響ではなく内部で起こっている問題ですし、縮毛矯正で使われる還元剤や酸化剤は根元を避けて毛髪に馴染ませるため、頭皮や毛根に直接触れることはないのです。

薬剤を洗い流す際に多少なりとも成分が付着する可能性はあるものの、それだけでAGAによる抜け毛や薄毛が悪化する心配はないでしょう。

ただし、カラーリングやパーマと同じように縮毛矯正で使う薬剤の中には化学物質が含まれており、自分で見よう見まねで行っていると安全だとは言い切れません。

本来ならば髪の毛だけに塗布しなければならない薬剤が頭皮や毛根に付着し、ダメージを受けて毛髪の成長が損なわれたり炎症が加速したりというケースは十分に考えられます。

つまり、AGAの根本的な原因には繋がらなくても、抜け毛や薄毛の要因とはなり得るため、自己処置はできる限り避けた方が良いのです。

また、繰り返しに渡る縮毛矯正も危険で、頭皮は時間が経てば加わったダメージは回復しますが、「回復」⇒「損傷」⇒「回復」⇒「損傷」という状態を繰り返していると次第に悪化して元に戻らなくなります。

毛髪を作っている土壌は紛れもなく頭皮で、この部位の環境を正常に保つことでAGAの予防や対策に繋がるため、抜け毛や薄毛が気になるのならば頻繁な縮毛矯正は避けた方が良いでしょう。

確かに、くせ毛の悩みは実際に引き起こされてみなければ分からず、「髪の毛がまとまらない」「朝のお手入れが面倒」と年齢や性別に関係なく生じます。

だからといって自宅で薬剤を購入し、縮毛矯正を行うのは少々リスクが大きいので、美容院や理容室を訪れてプロに任せてください。

 - AGAの原因