薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

紫外線が原因のAGA

   

shigaisen

太陽からの紫外線は肌のシミやシワを引き起こすだけではなく、頭皮や髪の毛にも悪影響を及ぼすことが分かりました。

もちろん、AGAの直接的な原因は男性ホルモンなので紫外線は関係ありません。

しかし、紫外線は肌全般に良いものではなく、夏場は特に髪の毛や頭皮にダメージが加わって抜け毛や薄毛の症状を悪化させる原因となります。

「秋に抜け毛の本数が増える」と考えられているのは太陽の紫外線が原因なので、AGAによる薄毛を予防したいのならばUVケアも同時に行わなければならないのです。

そこで、なぜ紫外線が頭皮や髪の毛にとって良くない存在となるのか見ていきましょう。

・老化を引き起こす活性酸素が増えて頭皮環境が悪化する
・髪の毛を作っている毛母細胞がダメージを受ける
・急激に乾燥して赤みを帯びたり炎症を引き起こしたりする

日常生活レベルの紫外線ならば、抜け毛や薄毛に繋がることはないはずです。

それでも、上記のように太陽の紫外線は肌や頭皮にとって良いものではなく、既にAGAを発症している男性は注意が必要となります。

活性酸素自体は体内に入り込んだ雑菌やウイルスを撃退する働きがあるため、無駄な存在というわけではありません。

しかし、あまりにも増えすぎると過酸化脂質と変化して細胞を老化させ、「頭皮環境を悪化させる」「肌にシミを作る」「肌のシワが増える」という弊害があります。

毛母細胞にダメージが加われば「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」というヘアサイクルに乱れが生じ、新たに髪の毛が生えるのが遅れてしまうため、抜け毛や薄毛の原因に繋がるのは何となく想像できるはずです。

以上のような弊害があるため、医薬品を使ってAGAの治療を行うだけではなく、日差しが強くなりやすい夏場は徹底的にUV対策を行いましょう。

女性は美肌を手に入れるためにクリームやジェルなどで紫外線対策を行っているかもしれませんが、男性は意外と怠りがちです。

・帽子やヘルメットを被って太陽の紫外線を頭皮に浴びないようにする
・頭皮と髪の毛の両方を守るUVカットスプレーを使用する
・抗酸化作用を持ったビタミンCが配合されたエッセンスを使う
・髪の毛にとっての栄養分が含まれた育毛剤を使用する

上記のようなUV対策を欠かさずに行って頭皮や髪の毛を労わっていれば、AGAによる抜け毛や薄毛といった症状が悪化することはないはずです。

ただし、帽子やヘルメットはあまりにも長い時間に渡って被っていると湿気がこもって蒸れ、雑菌が繁殖しやすい環境になります。

雑菌が繁殖すればAGAの症状の悪化に繋がりやすいので、「通気性の良い帽子を被る」「頻繁に外して頭皮が蒸れないようにする」という対策を同時に行ってください。

 - AGAの原因