薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

男性ホルモン(テストステロン)が原因のAGA

   

年齢を重ねるにつれて抜け毛が増え、薄毛の症状が進行していくAGAは男性ホルモンが原因だと考えられております。

「男性型脱毛症」という名前からも分かる通り男性ホルモンが大きく関係しており、生えてくる髪の毛が細くなって短いうちに抜け、次第に頭頂部や前頭部といった部位の薄毛が進んでいくのです。

しかし、「男性ホルモン=AGAの根本的な原因」というわけではありません。

男性ホルモンと一口に言っても、以下のようにたくさんの種類があります。

アンドロゲン:ステロイドの一種で雄性ホルモンとも呼ばれている
テストステロン:精巣で生成されて分泌量は20代でピークを迎える
デヒドロエピアンドロステロン:老化や肥満を食い止める働きがある
アンドロステンジオン:副腎や性腺から生成されるのが特徴
ジヒドロテストステロン:性欲の減退やAGAの原因に繋がる

上記の男性ホルモンの中でも、AGAと密接な関係性があるのはDHT(ジヒドロテストステロン)で、テストステロンが酵素の5αリダクターゼの働きによって変えられるのです。

男性ホルモンのテストステロン自体に抜け毛や薄毛を引き起こす作用はなく、むしろ以下のように男性の体内にとって欠かせない存在となっております。

・筋肉を増大させる
・性欲を向上させる
・体毛を増加させる
・男らしい身体を作る
・闘争本能を促進させる
・快楽を増加させる
・やる気を促進させる

男らしさを象徴するホルモンがテストステロンで、20代をピークにしてだんだんと減少を辿ります。

このテストステロンがAGAの原因ではなく、「皮脂腺に存在する2型の5αリダクターゼと結び付く」⇒「DHT(ジヒドロテストステロン)に変わる」というのが薄毛の大きな要因なのです。

DHTにはテストステロンの数倍以上の強さがあり、ヘアサイクルの成長期を短くして髪の毛の成長をストップさせ、毛母細胞の働きにも悪影響を加えるのでAGAの発症によって抜け毛や薄毛が進行していきます。

産生されるDHTの量が同じでも、毛乳頭細胞の受容体の感度には個人差が生じており、薄毛になりやすいかどうかは遺伝によって決まると言っても過言ではないでしょう。

テストステロンが増えたとしても、酵素の5αリダクターゼの働きを抑えてDHTが作られないようにすれば、AGAの進行を抑えて薄毛を治療できるのです。

そこで登場するのがプロペシアで、AGAの治療薬として最も知名度が高く、皮膚科やAGA専門クリニックで処方してもらうことができます。

当サイトでは、初回に限り1ヵ月分のプロペシアが4,200円と格安の料金で処方してくれる湘南美容外科クリニックをご紹介しているので、諦めずにAGAの治療を進めてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの原因