薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

喫煙やタバコが原因のAGA

   

kitsuen

現在では禁煙しようという流れが広まり、以前と比べて喫煙者は大分減少しました。

しかし、それでも喫煙者をゼロにするのは難しく、嗜好品の一つなので厳しく取り締まることはできないのです。

このタバコが原因でAGAを発症することはありませんが、喫煙を続けていると薄毛の症状が悪化しやすくなると考えられております。

喫煙と髪の毛には一見何の関係性もないように思えますがそんなことはありません。

確かに、AGAは男性ホルモンのDHTが深く関わっており、遺伝的な要素が強いのは紛れもない事実です。

それでも、化学物質が大量に含まれたタバコを吸うことで身体には様々な悪影響が加わり、当然のように頭皮や髪の毛にも思わぬトラブルが生じます。

そこで、以下ではなぜタバコが薄毛の原因に繋がるのか説明しているので、喫煙者は良くチェックしておきましょう。

 

AGAの原因となるDHTが増加する

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)が深く関わっており、この物質がヘアサイクルを乱したり毛母細胞の働きを弱めたりすることで抜け毛や薄毛が進行します。

銀座HSクリニックでも、「AGAの対策や治療にはDHTの抑制が欠かせない」と述べておりました。

実は、タバコを吸うとDHTの産生量が増えることが分かり、アメリカのハーバード大学の調査によって証明されております。

中高年の男性を1,200名集め、タバコを吸う人と吸わない人に分けて男性ホルモンの量を調査したところ、喫煙者はDHTの量が13%も増加していたことが分かったのです。

AGA治療薬のプロペシアでDHTの抑制を図っていても、他の要因で体内で発生しては何の意味もありません。

 

血行不良によって栄養素が行き渡りにくくなる

タバコの中にはご存知の通り、ニコチンやタール、アセトンやカドミウムなど様々な化学物質が含まれております。

その中でもニコチンの量が最も多く、体内で吸収されると血液を通って血行不良を引き起こし、その影響で頭皮に酸素や栄養素を行き渡りにくくするのです。

ニコチンは法的にも毒物に指定されている物質で、身体の至る場所の自律神経に作用して血管を収縮させるため、薄毛の原因に繋がると考えられております。

育毛剤を塗布して頭皮マッサージを行うのは血行を促すのが大きな目的で、タバコは真逆の効果をもたらすことがお分かり頂けるはずです。

また、タバコの燃焼によって一酸化炭素が発生し、酸欠状態に陥って酸素が全身に運ばれにくくなるのも血行不良の原因だと考えられております。

 

活性酸素を分解するために亜鉛が消費される

喫煙によって体内には肌のシミやシワといった老化を引き起こす活性酸素が発生しやすくなり、この物質を分解する際に大量の亜鉛が使われます。

亜鉛は体内では作り出すことができないミネラル分で、髪の毛の生成に欠かせない栄養素なのです。

現代人はただでさえ亜鉛不足に陥りやすく、タバコを吸うことで更に体内から減少するため、健康的な毛髪が育ちにくくなってAGAによる薄毛の悪化に繋がると考えられているのかもしれません。

また、頭皮の潤いを保つビタミンAや血管を拡張するビタミンE、このビタミンEの吸収を助けるビタミンCが大量に消費されるので注意が必要です。

 

 

このように、喫煙によって頭皮や髪の毛に悪影響が加わりやすいことがお分かり頂けたはずです。

有害物質を解毒するための肝臓に大きな負担が加わり、肺がんを中心とする様々な病気の原因となります。

百害あって一利なしなのは紛れもない事実なので、ニコレットや禁煙パイプ、チャンピックスやニコチネルといったグッズを用いて禁煙にチャレンジしてみてください。

 - AGAの原因