薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

血行不良が原因のAGA

   

血行不良がAGA(男性型脱毛症)の直接的な原因になるわけではありません。

しかし、血行不良によってAGAによる抜け毛や薄毛の症状が悪化する可能性があるので注意が必要となります。

そもそも、「血行不良」や「血行障害」とは血液の流れが滞っている状態を指し、血液の供給を受けている臓器にダメージが発生するのです。

当然のように私たちの髪の毛も血液を辿って酸素や栄養素が運ばれ、産毛から太く長く成長していきます。

つまり、血行不良によって酸素や栄養素が行き渡りにくくなれば、毛髪の成長が阻害されてAGAによる薄毛の悪化に繋がるのはお分かり頂けるでしょう。

AGAの主な原因はDHT(ジヒドロテストステロン)の作用による毛髪のミニチュア化ですが、血行不良で健康的な髪の毛が育ちにくくなるのは紛れもない事実です。

薄毛はありとあらゆる部分に焦点を当てて対策を練らなければならないため、AGAの治療を行っている男性は特に慢性化する血行不良を改善する必要があります。

そこで、以下ではどのような原因で血行不良が引き起こされるのかご説明しているので、一度確認しておいてください。

・一日中に渡ってパソコンに向かっていて肩こりや首こりを引き起こしている
・身体が冷えて血液がドロドロになっている
・ストレスが溜まって自律神経のバランスが崩れている
・外食やインスタント食品ばかりで野菜類や魚類を食べていない
・運動不足で筋肉を動かす機会が少ない

上記のような原因で血行不良が慢性化しやすく、頭皮への血流が妨げられてAGAによる抜け毛や薄毛の症状が進行しやすくなります。

髪の毛は生命の維持とは関係なく、酸素や栄養素の供給は他の臓器と比べて後回しになりやすいため、栄養不足を引き起こしやすいのです。

血行不良で一番に影響を受けるのは髪の毛と言っても過言ではないため、血液やリンパ液の流れを良くするような対策を練らなければなりません。

AGAの治療薬として有名なミノキシジルには血管拡張作用があり、頭皮の血行を促すことで栄養素や酸素を髪の毛に行き渡らせるという働きがあります。

このことからも血行不良の改善が薄毛の対策に欠かせないことがお分かり頂けるはずです。

そこで、肩こりや首こりの症状で悩んでいる男性は特に、以下のような対策を行ってみましょう。

・頭皮や肩周辺をマッサージして疲労物質の乳酸の排出を促す
・ウォーキングやジョギングなど適度に身体を動かす
・スカルプ用のシャンプーブラシでマッサージを行う
・デスクワークが中心の男性は同じ体勢を続けないように定期的にストレッチを行う
・自分の趣味に没頭してストレスを発散させる

もちろん、上記のような対策を練っていてもAGAによる薄毛を根本的に治療できるわけではないので、あくまでケアの一環だと心得ておくべきです。

本当の意味でのAGA治療は医療機関でしか行えないので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックへと足を運び、自分の症状に適した対策を長期間に渡って続けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの原因