薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

日焼けが原因のAGA

   

肌だけではなく、頭皮や髪の毛も紫外線ケアを行わなければならず、日焼けによって抜け毛や薄毛の症状は悪化していきます。

日焼けが原因でAGAを発症することはありませんが、既にAGAを患っている男性が頭皮の日焼けで悩まされると症状の進行に繋がるのです。

太陽光の中には放射線や紫外線を含んでおり、肌や頭皮へとプラスに働くことはありません。

普段から何の疑問もなく毎日の生活の中で日光を浴びているはずですが、日焼けすればヒリヒリと赤くなって炎症を引き起こします。

炎症を引き起こした状態は間違いなく頭皮環境が悪化しておりますし、髪の毛の成長にも悪影響が加わるため、AGAによる抜け毛や薄毛の症状が進行しやすいのです。

①気温が高くて日差しの強い夏場に炎天下の中を歩く
②紫外線を浴び続けることで皮膚のバリア機能が破壊される
③頭皮が炎症を起こして毛根が傷付けられる
④髪の毛を保護しているキューティクルが剥がれる

上記のような流れで頭皮にも髪の毛にも良くない影響が生じるので、日焼けには十分に注意しなければならないことがお分かり頂けるはずです。

「紫外線対策やUVケアは美容を考えている女性が行うもの」というイメージはあるかもしれません。

しかし、フサフサの理想のヘアスタイルを維持したいと考えている男性も、AGAの進行を食い止めるために日頃から日焼け対策を行うべきです。

最も簡単な方法は1日の中でも紫外線が強い午前11時から12時までに外出を避けることですが、職業柄難しい男性も多いのではないでしょうか。

スーツを着て営業していれば防止やヘルメットを着用するのも困難なので、飲む日焼け止めのnoUV(ノーブ)をおすすめします。

AGA専門クリニックのゴリラクリニックのスタッフもnoUV(ノーブ)を飲んでいるらしく、一粒で全身をくまなく紫外線予防してくれるのが大きな特徴です。

30分前の服用で大よそ2時間程度の効き目があり、頭皮へのダメージのリスクを減らせるのでAGAによる抜け毛や薄毛の進行をストップしてくれます。

腕や顔の肌とは異なり、頭皮にクリームやジェルなどの日焼け止めを塗布するのは少々難しいかもしれません。

そのため、noUV(ノーブ)のような内服薬が適しており、コンパクトなサイズで持ち運びしやすいのもメリットの一つとなっております。

もちろん、頭皮専用の化粧水や乳液といった化粧品は数多く販売されているので、ドラッグストアや通販で気に入った製品を探してみてください。
 

>>> ゴリラクリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの原因