薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

皮脂が原因のAGA

   

「自分は汗っかきだからAGAを発症している」「自分は頭皮に分泌される皮脂が多いから薄毛の症状が進行している」と考えている男性はいらっしゃいます。

確かに、頭皮が脂ギッシュというのは不衛生なイメージがあり、髪の毛の成長が阻害されてAGAの原因に繋がりやすいと考えるのは不思議ではありません。

しかし、「AGAの原因は皮脂」というのは嘘で、「脂ギッシュな男性ほどハゲる」「頭皮が乾燥している男性ほどフサフサ」というデータは存在しないのです。

そもそも、AGAによる薄毛は皮脂ではなく男性ホルモンが大きく関係しており、テストステロンを脱毛を引き起こすDHTに変える酵素の5αリダクターゼが引き金となります。

もし、酵素の量が少なければ「テストステロン」⇒「DHT」と変化しにくく、皮脂の分泌量が多くてもAGAの発症原因にはならないのです。

医学的に皮脂の分泌過剰が原因でAGAを発症することはないと考えられているので、脂性肌だからといってショックを受ける必要はないでしょう。

ただし、私たちの頭皮に分泌されている皮脂には以下のような働きがあり、肌にとって欠かせない存在となっております。

・皮膚を滑らかで艶やかに見せる
・水分が必要以上に蒸発するのを防ぐ
・雑菌作用によって雑菌の繁殖を防ぐ
・ホコリや太陽の紫外線といった外的から守る

上記のように、皮脂は私たちの頭皮や髪の毛を守っており、「天然の乳液」とも呼ばれております。

皮脂は増加しすぎても不足しすぎても肌に悪影響が加わり、AGAによる薄毛の症状を悪化させる可能性があるので注意しなければなりません。

皮脂不足⇒保湿機能の低下によって乾燥し、フケの大量発生に繋がる
皮脂過剰分泌⇒余分な皮脂が毛穴を塞ぎ、不衛生な環境を作って毛髪の成長を阻害する

皮脂がAGAの直接的な原因にならないと説明致しましたが、上記のように増えすぎても減りすぎても頭皮環境の悪化に繋がります。

頭皮環境が悪化すれば健やかな毛髪が作られにくくなるため、AGAの発症要因にはならなくても、薄毛の進行に繋がりやすいのはお分かり頂けるはずです。

基本的に顔や背中と同じように頭皮は皮脂の分泌量が多く、普通に生活していれば不足することはないでしょう。

しかし、洗浄力の強いシャンプー剤を使っていたり、1日に何回も洗髪したりしていると髪の毛を守るコーティング剤が不足し、紫外線の影響を受けやすくなります。

しかも、皮脂があまりにも少なくなると、今度は足りない皮脂を補うために過剰に分泌されるため、かえってベタ付きが悪化しやすいのです。

市販のシャンプー剤は刺激が強すぎるため、穏やかな作用を持ったプレミアムブラックシャンプーを使って薄毛を予防してみてください。
 

>>> プレミアムブラックシャンプーの詳細はこちら

 

 - AGAの原因