薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

冷え性が原因のAGA

   

hieshou

冷え性が原因でAGAを発症することはありませんが、抜け毛や薄毛を増加させる要因にはなります。

冷え性とは気温が低くないのにも関わらず、手足の末端部分などが暖まらずに冷える感じが続くことを指し、どちらかと言うと男性よりも女性の方が悩まされやすいはずです。

冷え性の状態では血液の流れが悪くなって隅々まで血液が届きにくくなり、当然のように頭皮の血行も悪くなります。

血液は酸素や栄養素など様々なものを全身へと運ぶ役割を持っており、髪の毛の成長が阻害されればAGAによる抜け毛や薄毛が悪化しても不思議ではないはずです。

髪の毛に悪影響が加わるだけではなく、低体温では正常な免疫力が発揮されないので病気を患いやすくなりますし、倦怠感や肩こり、腰痛や肌荒れといった症状も同時に引き起こされるかもしれません。

正常な体温を維持してこそ人間のありとあらゆる器官が活発に働くため、日常生活の中で冷え性を対策しなければならないのです。

そこで、どのような原因で冷え性が引き起こされるのか以下を見てみましょう。

・一日中に渡ってエアコンに当たって身体が冷えている
・自律神経がバランスを崩して血行不良を引き起こしている
・水分不足やアルコールの影響で血液がドロドロになっている
・キツイ下着の着用で皮膚感覚が乱れて体温調節の指令が伝わりにくくなっている
・運動不足によって筋肉量が低下している
・低血圧や血管系に疾患があって血流が滞っている
・糖分の多いおやつや甘味料の入った飲み物を過剰摂取している
・無理な食事制限によるダイエットで栄養不足に陥っている
・心身をコントロールする働きのある女性ホルモンのバランスが乱れている

上記のように、様々な原因で冷え性を引き起こし、身体にはありとあらゆる弊害があります。

AGAの直接的な原因にはならなくても、髪の毛の成長が阻害されれば抜け毛や薄毛の症状は悪化しやすいので注意が必要です。

冷え性を放置していて悪化することはあっても、自然と解消されることは基本的にありません。

血行を促して血液の循環を良くすることで冷え性の改善に繋がるので、以下のような対策を毎日の生活の中で心掛けてみてください。

・血行促進効果のあるビタミンEや貧血防止効果のある鉄分を摂取する
・トマトやキュウリなど身体を冷やす食べ物をできる限り避ける
・シャワーだけではなく入浴や半身浴で身体を温める
・通気性のある素材で作られた保湿効果のある下着や衣服を着用する
・基礎代謝を上げて血行を促すために定期的に運動をして身体を動かす
・気温の高い夏場は特にエアコンの使用頻度を下げる
・冷え性に効き目のある気海(きかい)や湧泉(ゆうせん)といったツボを刺激する
・加味逍遙散(かみしょうようさん)や冠元顆粒(かんげんかりゅう)といった漢方薬を服用する

もちろん、冷え性を改善するだけではAGAによる薄毛を治療できないので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックへの受診をおすすめします。

投薬治療や育毛メソセラピーなど、湘南美容外科クリニックではありとあらゆるAGA治療が受けられるので、まずは無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの原因