薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

ヘアカラーが原因のAGA

   

haircoloring

近年では女性だけではなく、男性もファッションのためにヘアカラーやパーマをかけて好みの髪型にしようとする人が増えました。

ヘアカラーが直接的なAGAの原因には繋がらないものの、抜け毛や薄毛の症状を悪化させる可能性があるので注意が必要です。

ヘアカラー剤の使用により刺激性接触皮膚炎やアレルギー性接触皮膚炎を訴える方は意外と多く、以下のような症状が引き起こされます。

・頭皮の痒み
・頭皮の赤みや炎症
・頭皮のかぶれ
・頭皮の腫れ
・頭皮のブツブツ
・髪の毛のパサパサ

染毛の48時間後に最も症状が酷くなりやすいと考えられており、上記はどれも頭皮環境の悪化に繋がります。

頭皮環境が悪化すれば健やかに髪の毛が育たなくなるので、抜け毛や薄毛の症状の悪化に繋がりやすいのはお分かり頂けるはずです。

もし、既にAGAを発症している男性が頻繁にヘアカラーを繰り返していると、今よりも薄毛が酷くなるかもしれないので注意した方が良いでしょう。

もちろん、AGA(男性型脱毛症)は遺伝的要素が大きく、ヘアカラーやパーマを繰り返していても何も影響がないという男性はいらっしゃいます。

それでも、炎症が長期間に渡って続くと毛母細胞まで波及して脱毛の原因となるので、自分の肌を良くチェックしながら処置を施すべきです。

当サイトでご紹介しているAGA専門クリニックの湘南美容外科クリニックならば、AGAの治療だけではなく生活指導も同時に行ってくれるので医師のアドバイスを参考にして対策を練ってください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、サラリーマンとなると自分の好きな色の髪の毛にするのは難しいものの、ブラウンやメッシュ、テラコッタやココアブラウンといったカラーが若者から人気を得ております。

実はカラーリングには幾つかの種類があり、処置の方法によって頭皮や髪の毛に加わるダメージが異なるのが大きな特徴です。

そこで、どのような方法で髪の毛を染められるのか見ていきましょう。

ブリーチ:メラニン色素を分解して色素を抜いていく
ヘアカラー:一般的な方法で同じようにメラニン色素を分解させて色を混ぜていく
ヘアマニキュア:髪の毛の表面に好きな色のマニキュアを付着させていく
カラートリートメント:ツヤと潤いを与えながら色合いをプラスする

上記の方法の中でもブリーチが最もダメージが大きく、頻繁な処置でAGAによる抜け毛や薄毛の症状の悪化に繋がりやすいので注意が必要です。

ブリーチは脱色剤と呼ばれており、髪の毛が生え変わるまで効果は永久に続きます。乾燥肌や敏感肌の人ほどトラブルが生じやすいので、ブリーチを使う場合は十分に注意してください。

 - AGAの原因