薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

眼精疲労が原因のAGA

   

ganseihirou

視作業を続けることで目に様々な不快な症状を引き起こす症状を眼精疲労(VDT症候群)と呼び、悩まされている現代人は非常に増えております。

恐らく、仕事やプライベートでパソコンやスマートフォンを使う機会が圧倒的に多くなり、目を酷使し過ぎていることが眼精疲労の原因かもしれません。

眼精疲労を患うと個人差はありますが、以下のような症状が引き起こされやすくなります。

・目が疲れる
・目が霞む
・目に眩しさを感じる
・頭痛や肩こりが生じる
・目が乾燥してドライアイになる
・目が赤く充血する
・視力が低下する
・目が痙攣する
・食欲不振や吐き気を起こす
・目がショボショボする

ありとあらゆる不快な症状を引き起こすのが眼精疲労ですが、AGAや薄毛とは特に関係ないと考える男性が多いかもしれません。

確かに、目と頭皮は別の場所なので関連性はないと考えるかもしれませんが、眼精疲労が原因で薄毛に繋がりやすいと言われております。

もちろん、AGAは男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が引き金となって引き起こされる薄毛の症状なので、眼精疲労や目の疲れが直接的な原因に繋がることはないはずです。

しかし、眼精疲労(VDT症候群)が慢性化していると周辺の皮膚に悪影響を及ぼし、頭皮が硬化してシワになったり毛穴が塞がれたりします。

それに、同時に肩こりや首の疲れを訴えるケースが多く、血行不良によって髪の毛に行き渡る栄養素や酸素の量が阻害されるため、AGAによる薄毛の症状が悪化しやすいのです。

育毛や発毛のプロフェッショナルのリーブ21の公式サイトでも、「髪の毛にとって頭皮の血行の良し悪しは生命線です」と記載されておりました。

血行不良が原因で眼精疲労を引き起こすことが多いため、AGAによる抜け毛や薄毛とも少なからず関係性があるのではないでしょうか。

他にも、下記のような理由で眼精疲労が薄毛の原因に繋がると考えられております。

・眼精疲労によってイライラしたり不眠になったりと精神面に症状があらわれ、寝不足によって成長ホルモンの分泌量が低下して髪の毛の成長が阻害される
・健康的な毛髪を育てるために欠かせないビタミンB群やシステインが目の疲労回復のために消費されるので、必然的に頭皮への栄養供給が不十分になる

栄養不足を引き起こしたり新陳代謝が悪化したりと眼精疲労は髪の毛とも深く関わっているため、デスクワークが中心の男性は特に注意が必要です。

毎日の仕事で目を酷使している可能性が高いですし、肩こりや首こりを同時に引き起こせば血行不良の症状は更に悪化していきます。

そこで、眼精疲労の症状を和らげるためにも、「パソコンやスマホを使う際は1時間おきに休憩する」「アイマスクで目の周辺を温める」「システイン不足を防ぐためにイワシやマグロなどの魚介類を食べる」という対策を練ってみてください。

 - AGAの原因