薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

DHT(ジヒドロテストステロン)が原因のAGA

   

AGAの根本的な原因だと言われているのが活性型男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)です。

AGAによる抜け毛や薄毛といった症状で悩んでいる男性ならば、一度はDHT(ジヒドロテストステロン)という名を耳にしたことがあるかもしれません。

「AGAによる薄毛の原因は男性ホルモンだ」と考えている方はいらっしゃいますが、これは半分は正解で半分は間違っております。

男性ホルモンのテストステロン自体がAGAの原因になって薄毛を引き起こしているわけではなく、むしろ筋肉を増大させたりやる気を促進させたりと男性が生きていくためには欠かせないのです。

このテストステロンが酵素の5αリダクターゼの働きでDHT(ジヒドロテストステロン)に変化すると、以下のような弊害があります。

・ヘアサイクルの成長期を短縮させて抜け毛を増やす
・毛根を萎縮させて髪の毛の成長を阻害する

DHT(ジヒドロテストステロン)は髭などの体毛を濃くする働きを持っているのですが、同時に毛髪を薄毛化し、その力はテストステロンの10倍から100倍だと考えられております。

つまり、「男性ホルモンの分泌量を減らす」という対策ではなく、「DHT(ジヒドロテストステロン)を減らす」という対策がAGAでは大事なのです。

その最もオーソドックスな方法が内服薬のプロペシアの服用で、酵素の5αリダクターゼを阻害する働きがあります。

結果的にDHT(ジヒドロテストステロン)が作られにくくなり、AGAによる抜け毛を治療できるので当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックで処方してもらってください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、AGAを発症するかどうかは個人差が大きく、「5αリダクターゼの量が多い」「毛乳頭細胞の受容体がDHTに対して敏感」という体質の人が該当します。

自分の生活習慣でどうにかできる問題ではなく、遺伝によって体質が決まっているのでAGAによる抜け毛や薄毛は致し方ないと言えるかもしれません。

それでも、治療によってDHT(ジヒドロテストステロン)を減らすことはできますし、現在では頭皮に成長因子を直接注入する育毛メソセラピーや、自分の髪の毛を移植する自毛植毛といった処置がクリニックで受けられるようになりました。

上記でご紹介している湘南美容外科クリニックでも、投薬治療に加えて専門的な薄毛の治療が受けられますし、個人の症状に合わせて適切な方法を提案してくれます。

「薄毛は遺伝だから仕方がない」「今の薄毛を食い止める術はない」と諦める必要性は全くありませんし、髪の毛の元となる毛母細胞が生きている限りは手遅れということはないのです。

個人輸入を利用した自己流の治療はあまりおすすめできないので、信頼できる医師やクリニックを探してAGAを治療してみてください。

 - AGAの原因